伊勢丹新宿店「ATELIER MOKUBA LAB -directed by Sano Fumihiko-」が本館5階にオープン

2019-03-08

伊勢丹新宿店本5階リビングフロアにて、「ATELIER MOKUBA LAB  -directed by Sano Fumihiko-」をニューオープン致します。

3月6日(水)~ 3月26日(火)の期間は、三越伊勢丹企画の「オンリー・エムアイ春のキャンペーン」にて特別展示販売を開催、3月27日(水)~ 常設店舗をオープン致します。

 

「ATELIER MOKUBA lab -directed by Sano Fumihiko」のコンセプトは、「お客様と共に作り上げる一枚板家具」。

3Dモデルのデジタルパースをお見せしながら、「こんなものが欲しい」というお客様の直の声を形にし、お客様一人一人のための一枚板家具をご提案致します。

 

デザイナーとして迎えるのは、数寄屋大工から建築の道に入った、建築家/美術家 佐野文彦氏。

建築のみならずアートやプロダクトデザインなど、国内外のさまざまなフィールドで活躍している佐野文彦氏が、素材の良さを最大限生かし、今まで触れたことのない一枚板の魅力を引き出します。

「お客様」「佐野文彦」「ATELIER MOKUBA」の三者で共に作り上げる、新たな空間表現をぜひご堪能ください。

 

【会場詳細】

会場:伊勢丹新宿店本館 5階

オンリー・エムアイキャンペーン期間:3月6日(水)~3月26日(火)

常設店舗オープン:3月27日(水)~

営業時間:10:30〜20:00

【佐野文彦氏プロフィール】

建築家/美術家

1981年奈良県生まれ。京都、中村外二工務店にて数寄屋大工として弟子入り。

年季明け後、設計事務所などを経て、2011年独立。

現場を経験したことから得た、工法や素材、寸法感覚などを活かし、コンセプトから現代における日本の文化とは何かを掘り下げ作品を製作している。

2016年には文化庁文化交流使として世界16か国を歴訪し各地でプロジェクトを敢行。

様々な地域の持つ文化の新しい価値を作ることを目指し、建築、インテリア、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で領域横断的な活動を積極的に続けている。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki