屋久杉フェア開催中 ~7/5(梅田ギャラリー)

2020-06-13

ATELIERMOKUBA梅田ギャラリーにて屋久杉フェアを開催中です。

屋久島に自生する杉のうち樹齢1000年を超えるものが屋久杉です。
1993年に世界遺産に登録されたと同時に伐採が禁止となり現在は入手が困難な希少樹種の代表として知られています。

現在ではセリに出されることも無くなった屋久杉。
ATELIERMOKUBAでは長年に渡り自社で一枚板の丸太の買い付けをしているため、原木を保管する倉庫には様々な形や大きさの屋久杉がございます。

そのストックの中より、今回の屋久杉フェアに向けて最高級の屋久杉をご用意いたしました。
ダイニングテーブルサイズはもちろんのこと、普段は数の少ないデスクサイズやセンターテーブルサイズもご覧いただけます。

ゆっくりと時間をかけて育つことで生まれた美しい杢目は独特の存在感を放ち、美しい光沢を帯び深みのある色味が皆様の心を魅了します。

屋久杉を使ったアート作品も展示しております。

箔工芸作家 【裕人 礫翔 氏】
京都市伝統産業技術功労者でもある父、西山治作を師として柄絵箔業に携わる。
国内外の博物館に収められた文化財の複製にも携わり、経済産業省が認定する伝統工芸士として、多数の作品を寄贈・一般公開しています。

屋久杉で作られた名刺ケースをはじめ、特別な小物もご準備しております。
名刺ケースも1000年の歴史があると思うだけで、特別な気持ちになれます。
ご自身や大切な方へのプレゼントにも最適です。

アトリエ木馬がコレクションした最高級の屋久杉。
どうぞ見て・ふれて、その魅力をご体感ください。

– 屋久杉フェア –

開催中 ~2020年7月5日まで

アトリエ木馬梅田ギャラリー
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目2-22ハービスPLAZA ENT 3F
11:00~20:00
不定休※ハービスPLAZA ENTに準ずる
06-6743-4620
mokuba_oskumeda@sekikagu.co.jp


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki