一枚板・無垢天板の塗装に関して

一枚板・無垢天板の塗装に関して

ATELIER MOKUBAでは、ウレタン塗装とオイル塗装を行っています。仕上げにはフォースターの塗料を使用しています。

オイル塗装

木の表面に塗装膜を作らず、オイルを木の表面に染み込ませています。肌が直接木肌に触れることができるので、木の風合いやしっとりとした質感を感じることができます。反面、ウレタン塗装に比べると傷や汚れに対してデリケートな仕上げです。お客さまご自身でのメンテナンスが可能ですので、使い込む程に愛着や味が増すというメリットもあります。オイル塗装を選ばれる場合は細かな傷や汚れは余り気にされず、将来の【味】や【思い出】と思っていただければと思います。植物に水をあげるように、定期的にオイルを塗ってあげてください。最初の1年は半年に1回程度、2年目以降は1年に1回程度オイルを塗り重ねてあげてください。風合いが増し、より愛しい存在になっていくと思います。オイル塗装の場合、オスモオイル(ノーマルクリア)を使用しています。お手入れの際は基本は同じ塗料を使用してください。乾いた後はお子様が舐めても問題ありません。食用油はカビの原因になりますので使用しないでください。

ウレタン塗装

ウレタン樹脂の塗装膜を木の表面に作る仕上げです。ATELIER MOKUBAでは木の質感を殺さず、木目や色が活きるように、塗装を行っています。樹脂の膜が水や汚れから板を保護します。またATELIER MOKUBAの塗料はUVカットの効果もあるため、紫外線による変色も起こし難くなっています。3種類の塗料を表裏それぞれに薄く重ね塗りすることで、高い耐久性と美しい仕上がりを実現しています。通常のメンテナンスは乾拭きや水拭きで大丈夫ですが、万一、塗装膜が剥がれたり、割れてしまった場合は専門の設備を持つ職人による再塗装が必要になります。メンテナンスフリーに使われたいというお客さま向けの塗装です。落ちにくい汚れがついてしまった場合は、メンテナンスに食器用洗剤を薄めて軽く擦ってください。シンナーは使用しないでください。塗装が剥がれる恐れがあります。

関連記事

logo_mokuba logo_seki