【Buyer】平井 修インタビュー

2016-11-29

平井 修

木が呼んでくれる。木が結びつけてくれる。

木が呼んでくれる。木が結びつけてくれる。いつしかそう思うようになりました。木の目利きにマニュアルは存在しません。あるのは誠意と経験、そして度胸。買付け、製材する過程で、さまざまな樹種の特性が身につき、木に対する感度は少しずつ高まります。樹齢500年の木は、江戸時代以前から生きています。その歳月を扱うという感謝の気持ちで、丹精を込めて加工し、お客様の目に触れてもらうことがMOKUBAの使命。その樹齢を活かすために、ゆっくり手をかけて最後まで丁寧に仕上げる。それが私たちの揺るぎない信念です。一枚板に携わるすべての人々との信頼関係も、木がつくってくれたと信じています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki