【Craftsman】中島 康明インタビュー

2016-11-29

中島 康明

手に入るまでお待ちいだだける唯一無二のモノを提供できることを誇りに思います。

一枚板に選ばれた材は、たいへん貴重なものです。木、本来の風合いを損なわず、できるだけ長く厚い加工を心がけています。それが職人の気概です。仕事の醍醐味は、世界の銘木に出逢えること、原木の状態から製品にまで造り上げること。「塗装が良い」など、クオリティの高さを認められた時はまさに職人冥利に尽きます。移り変わりの激しい今の時代に、生産待ちという状況はすごいことです。手に入るまでお待ちいだだける唯一無二のモノを提供できることを誇りに思います。MOKUBAの一枚板は、代々使っていただける品質、本物であることに自信を持っています。

logo_mokuba logo_seki