【2017.6.5】花の咲く樹も実の成る樹も

2017-06-05

皆様こんにちは!

名古屋ギャラリーの藤本です。

日差しがぎらつく毎日、日焼け対策に余念が有りません。

夏を前に焦げ付きそうです。

 

最近お客さまがご来店頂いた時に

「こんな木あったんだー」とか「こんな木初めて見たー」とか

感嘆の声をよくお聞きするのですが、たくさんの木を扱う木馬だからこそ

お客様に感動していただけたりするのかな、とも思ったりします。

お客様に説明するときにも、良く実や花の話をする時があります。

 

例えば世界三大銘木の一つ、ウォールナット。

いわゆるクルミの木ですね、非常に硬い外殻を持つウォールナットの実ですが

普段私たちが見ているのはこんな感じの実だと思います。

そうです、ミックスナッツとかに入っている「あれ」です。

お酒好きな方なんかだとわざと殻つきのを買ってきたり、しませんか?

さて、次は何の実でしょうか?

こちらはブラックチェリーの実ですね。

こういった実のある樹種はあまり大きく育つ事が無く

一枚板に仕上げるのに適したサイズの材がなかなか

見つからないので、見つかった時はスタッフがかなりざわつきます。

チェリーはバラ科なので日本でいうと桜が近い樹種になります。

年月とともに赤味と艶が増してえも言われぬ雰囲気を醸し出します。

この子もこれからの変化がが楽しみな一枚です。

ご来店いただくとこんなマニアックな話をさせて頂けるかと。。。。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら是非大名古屋ビルヂング10階にございます

アトリエ木馬名古屋ギャラリーにお越しくださいませ。

ご来店お待ちしております!

 

 

logo_mokuba logo_seki