【2017.6.6】丸太の製材

2017-06-06

こんにちは(^^)
アトリエ木馬名古屋ギャラリーの前田です!!
さて、九州の方では梅雨入りが発表されたみたいでこれから雨が続くと嫌になりますね。。
僕たちスタッフは心晴れやかにお客様をお出迎えしますね(^^)

さて、本日はどんな話をしようかなと思ったのですが
今日はこちらの動画を見てもらいましょう。


こちらの動画は約1年半前くらいに工場で製材したゼブラウッドの丸太になります。
この時僕は初めて製材している所を見たのですが興奮した記憶があります。
なかなか見る機会もないと思うので詳しく説明していくと
まず、僕達は現地に丸太を買い付けに行きます。
海外の丸太ともなれば税関の関係などもあり大川に到着するのは半年程かかったりするのです。
その後、工場に運んで丸太を固定して鋸を入れる角度を決めていくのですが
これは職人さんの経験がものをいう工程となります。
一言に製材と言ってもとても難しい工程なのです。
製材されたゼブラウッドは乾燥中ですので、商品になって皆様の目に触れるのは恐らく
最短でも2年くらいかかるかな。と思います。
製材してもすぐ使えないんですよね。
しっかり時間をかけた後にギャラリーに展示されてお客様の下に巣立っていくのです。
まだまだお時間かかりますがこの子達が仕上がるのを楽しみにお待ちくださいませ。

以上、名古屋ギャラリーからのお届けでした╲(^o^)╱

logo_mokuba logo_seki