個性のはなし ~トチ編~

2017-09-15

こんにちは、天神ギャラリーです!

明日から3連休という方も多いのではないでしょうか。とはいえ、ここ福岡は台風18号が日曜日に直撃の恐れがあるそうで、

それどころではなさそうですが・・・

さて、突然ですが一枚板=木です。笑

自然から生まれたものまので、一枚一枚に個性があるのは皆さんもご存知の事だと思いますが、

今回は、その個性が分かりやすいトチをピックアップしてみます。

3枚とも2メートル越えの大ぶりなトチですが、どれも分かりやすい特徴を持っているのが分かると思います。

まず最初は、中央の赤っぽく色のついた部分が特徴のUM-2705-11赤身と呼ばれ、トチではよく見受けられます。(もちろん、赤身の無いものも丸太によってはありますよ!)

赤身と弓なりにしなった様な形状が、ワイルドというか豪快というか力強い雰囲気抜群です。

しかし、表面に寄ってみると・・・上品な縮み杢がしっかりと入っています!

このバランスも一枚板ならではの面白いところです。

お次は、比較的落ち着いた印象のU-0328-13です。最初に紹介したトチに比べる、赤身の部分が薄く幅もゆったりとしていますが、全体的にゆるい曲線をもっており、

上品で柔らかな雰囲気を感じます。個人的なイメージでいうと、気は優しくて力持ちキャラの一枚です。笑

こちらも綺麗な杢が出ています。上のUM-2705-11と違い、柔らかい見た目にぴったりな淑やかな杢ではないでしょうか。

最後に、黒い模様が全体に入ったCN-7-2902。まさに個性の塊のような一枚です。

好みがハッキリと分かれる柄ですが、男性のお客様を中心に大好評頂いています。

まさに一枚板らしい迫力を持ったトチです。

 

いかがでしたでしょうか?

トチは曲ったり捻じれたりしながら育つ為、環境によってはものすごく曲がったものもありとても分かりやすく、

見た目に個性が現れる木だと言えます。育ってきた環境をイメージしながら見てみるのも面白いですよ~。

一枚一枚の個性に気づくことで、より愛着を持って永く使い続けて頂けるかと思います。

 

3連休にご来店の際は、お足元に気を付けてお越しくださいませ!

スタッフ一同お待ちしております。

logo_mokuba logo_seki