楽器材としての木&音楽ステージの街神戸

2017-10-05

こんにちは、アトリエ木馬神戸ハーバーギャラリーです。

神戸では先月末から神戸元町ミュージックウィークで、元町の商店街を中心に音楽イベントが

開催されています。芸術の秋ということで、この週末も様々なジャンルのコンサートが行われます。

そんな音楽の楽器に使われている木も、アトリエ木馬では多く扱っています。

上からスプルス、ウォールナット、シカモアとメープルです。どれもギターの胴や部分材、

ヴァイオリンのパーツに使われています。 木によって特性が異なるので音も違うみたいです。

私は三線を趣味で演奏するのですが、こちらは高いものになるとケヤキやカリンが使われたり

するそうです。

音楽・楽器の好きな方は一度一枚板をノックしてみては? 本当に生活のいたるところに

木が使われていて面白いですね!

また10月14日からはコウベ・オールザッツジャズ2017が開催されます、こちらも楽しみです。

どうぞ神戸に遊びにいらしてください!

logo_mokuba logo_seki