【2016.12/27】どのくらいの時間家族で食卓を囲みますか?

2016-12-27

こんにちは!

五反田ギャラリーです。

いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。

皆様は、年末年始はどのように過ごされるのでしょうか?

旅行に行ったり、帰省したり、ご自宅でゆっくり紅白や格闘技を見たり、いろいろな過ごし方があるかと思います。

お出かけされる方は別ですが、年末年始はいつもより家族で食卓を囲む機会が多くなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、ふだんの朝食を家族全員そろって食べることはほとんどないですが、元旦の朝のお雑煮とおせちだけは特別です^^

そこで今回は、食卓の大切さを考えてみました。

食卓って家の中で唯一、家族が同じ家具を使い、同じ行動をする場なんです。

家族全員で一つのダイニングテーブルを囲み、食事をし、団欒をする。

 

考えてみると当たり前ですが、ベッドは家族全員で共有しないですし、ソファはテレビを見たり、本を読んだりと、することはバラバラです。

そう考えると、ダイニングテーブルって家具の中で少しだけ特別な存在に思えてきませんか?

食事の時間は家族全員が同じ行動をする時間のため、会話がしやすい時間です。

お子様の今日1日の出来事を聞いたり、ご夫婦でゆっくり話をしたり・・・

食卓にいる時間が長ければ長いほど家族の会話の時間が長くなるのです。

 

皆さまも、今一度、ダイニングテーブルの大切さ考えてみてはいかがでしょうか?

家族で囲む食事の時間をよりぬくもりのある、素敵なものにする。

アトリエ木馬の一枚板テーブルを是非見にいらっしゃってみてください。

 

※アトリエ木馬五反田ギャラリー年内の営業は、明日12月28日までとなります。

1月3日より通常営業となります。皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

その他のスタッフブログ

logo_mokuba logo_seki