ハーフの木???

2018-01-31

こんにちは!
青山プレミアムギャラリーです。

先日は大寒波による雪がすごかったですね!
交通機関にも影響が出て、大変な思いをされた方も多かったのではないでしょうか。
ちなみに私は久しぶりに見る大雪に少しはしゃいでしまいました。笑

さて、話は変わりまして私たちの人間に、ハーフの方がいらっしゃるように、木にもハーフがいることをご存じですか?
今回はハーフ、いわゆる異種を組み合わせたハイブリッドの樹種をご紹介します。

 

まず見ていただくのは皆さんもよくご存じの北米産のウォールナット。

そして、こちらが「接ぎ木」により生み出される、「クラロウォールナット」

まだ木が小さいうちに、北米産のウォールナットの欧米産のウオールナットのお互いの切り口
部分をくっつけます。すると、お互いが拒絶反応を起こし、独特な泡杢やコブ杢などの装飾的価値が高い杢目が表れます。

接ぎ木部分がこちら

上部分が欧州ウォールナットです。
きれいに分かれていますね!

お次に紹介するのは「バストゥーンウォールナット」です。

こちらは、「クラロウォールナット」にさらに欧州産のウォールナットを交配させた樹種。
躍動感ある形、きらきらした杢目が上品です。

実はこの木、青山プレミアムギャラリーの看板にも使用されております。

大迫力ですね。
実際に見るとその存在感に圧巻されます。

今回ご紹介させていただきました通り、アトリエ木馬では
国内外さまざまな樹種を取り扱っております。
ぜひ、芸術品をみるような感覚でギャラリーにお立ち寄りいただければと思います!

木が大好きなスタッフがご案内させていただきます!!


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki