スタッフ紹介【天神ギャラリー:安部 晋作】

2018-04-25

「幅広い層の方に一枚板の魅力を伝えていくのが私たちの使命だと考えています。」

安部 晋作

世界にひとつだけ、という点に惹かれます。

やはり同じ物が二つとないという部分に大きな魅力を感じます。同じ樹種や丸太から切り出したとしても一枚一枚、色や柄も異なるのでそれを見比べながら、ぴったりの一枚を探すという過程はとてもワクワクして頂けると思います。その分、悩まれてしまう方も少なくないですが(笑)

将来はお子様に譲りたいと選んでくださったお客様。

どのお客様も、一枚板の購入に至るまでに様々なエピソードをお持ちなので印象深い方が多いのですが、「将来的に次の代へ譲りたいから、息子の気に入ったものにします」と仰っていたご夫婦は記憶に残っています。もちろんサイズなどはご両親の判断によりましたが、お子様は赤色が好きだからという理由でパドックの一枚板を選ばれました。納品の際もお子様だけでなく、ご両親にも「実際に家に置くと譲るのがもったいないくらいカッコよくて満足しています」との声を頂き、とても嬉しく思いました。

一枚板の楽しさを共有できるよう心掛けています。

私たちは毎日のように一枚板に触れていますが、新しい商品や珍しい材を使用した商品が入荷すると今でもワクワクします。そのワクワク感や一枚板の楽しさを共有できるような接客を心掛けていますね。 アトリエ木馬は全国的に見ても、一枚板家具専門店という特殊なスタイルのお店だと思います。だからこそ幅広い層の方に一枚板の魅力を伝えていくのが私たちの使命だと考えています。

趣 味

写真撮影・レコード収集

好きな言葉

「ありがとう」という言葉が好きです。シンプルですが、いろんな意味を持った素敵な言葉だと思います。

ハマっている事

おいしい担々麺屋さんを探すことにはまっています。福岡で美味しい担々麺をご存知の方は是非教えてください!


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki