スタッフ紹介【博多ギャラリー:吉瀬 玲児】

2018-05-17

「自分自身も楽しみながら一枚板探しのお手伝いをさせていただいております。」

吉瀬 玲児

そこにあると自然と人が集まる。一枚板は、そんな素敵な存在です。

幸福度ランキング上位に入り、家具で有名な北欧では、家族と過ごす時間、空間を大切にするそうです。そして、北欧家具のコンセプトには、家族が集まり・くつろぐのに適しているのは、自然の素材・形を活かしたテーブルや椅子などという考え方があるそうです。まさに、一枚板は家族が集り、居心地が良く、ぬくもりの感じる空間にぴったりな家具と言えます。

ご夫婦そろって一枚板の魅力を知っていただけたお客様。

来店15分程でウォールナットの一枚板テーブルに対面で座り、「これだよね。」と顔を見合わせながらお互いにうなずき、そのままご成約となったお客様がおりました。後からお話を聞くと、2年前に家は建っているけど、ダイニングテーブルのみ、ご夫婦の意見がなかなか一致せずに決まらなかったそうです。「今日も意見が合わないと思っていたら、一発で意見が一致したよ。一枚板ってすごいね。」という言葉がとても印象に残っています。

一枚板を選ぶワクワク感を忘れないようにしています。

私がお客様と一枚板探しをするときに心掛けていることは、私自身も楽しんで、ご家族の一員になったような気持ちでご提案させていただくことです。「この色かっこいいね」「杢目がきれいだね」「ここでご飯を食べるとおいしそうだよね」などと、楽しく会話しながら、時には木の説明もないままご成約いただき、後からお手紙などで補足説明をすることも。(もちろん、その場で専門的な話が必要でしたらご説明させていただきます!)お客様がにこっとしながらこの一枚板に決めます。と言ってくださる瞬間がとても嬉しいです。

趣 味

野鳥の写真撮り
特にメジロやカワセミの写真を撮っています。1度に数百枚の写真を撮ったりするのですが、気に入るのはたったの2、3枚ほど。でもやめられません。

好きな言葉

やり方でなく、あり方
時代によってやり方、手法、ノウハウなどは変わっていきます。しかし、考え方や物事の捉え方、価値観などゆるぎないものを大切にして、人生も仕事もぶれないように心がけております。

ハマっている事

木の小物作り
この仕事を始めてから、一枚板の端材を使って、お客様にプレゼントする箸置きなど木の小物を作るのにハマっています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki