一枚板好きスタッフがオススメしたい超レア樹種ベスト5・第4位

2018-08-09

ATELIER MOKUBAはアメリカ、ロシア、アフリカなど世界中から素晴らしい銘木を仕入れ、国内自社工場で職人が一枚一枚丁寧に加工し、世界に一つだけの一枚板テーブルとして販売しております。そのため常時200種類の樹種在庫をもち、お客様にぴったりな一枚板テーブル選びをお手伝いさせて頂いております。一枚板専門店だからこそダイニングテーブル、リビングテーブル、カウンターテーブル、会議テーブル、デスクなど様々な用途に対応しております。


緊急アンケート実施!一枚板のテーブルにオススメしたい超レア樹種は?

全国にいるATELIER MOKUBAギャラリーのスタッフに緊急アンケートを実施し、オススメしたい超レア樹種を調査しました。お客様との接客を通じて日夜、世界の銘木と触れているギャラリースタッフだからこそ知る超レア樹種を紹介いたします。

第4位は流通量が極端に少なく複雑な木目が唯一無二のバストゥーンウォールナット

そもそもバストゥーンウォールナットの流通量が少ない理由は?

答え:自然界に自生していない樹種の為

バストゥーンウォールナット(バストーニュウォールナットとも)が生まれるまでには大変多くの過程を経なくてはいけません。まずはブラックウォールナットをイングリッシュウォールナットに接ぎ木します。接ぎ木がうまくいき生育した状態をクラロウォールナットと呼びます。さらにこのクラロウォールナットがブラックウォールナットと自然な状態で交配したものが“バストゥーンウォールナット”なのです。1本づつ時間と手間がかかる為、流通量が極端に少なくなります。
バストゥーンウォールナット

バストゥーン(バストーニュ)という名前の由来とは?

バストゥーンウォールナット
1944年末ドイツ軍はベルギーのアントワープ港を手にいれようとしていました。その際、交通の要所であり必ず抑えなくてはいけなかった町がこのベルギーの町・バストーニュだったのです。1944年12月から翌年の1月までドイツ軍と連合国軍との戦争がここバストーニュで行われました。接ぎ木により複雑に絡み合った木目を、ドイツ軍と連合国軍が入り乱れた状態に見立ててこう名付けられたそうです。

バストゥーンウォールナットの魅力は?

バストゥーンウォールナット
ウォールナットにはない躍動感のある形・杢目と、カーリー杢(縮み杢)のとても綺麗で上品な板。入り組んでいる表情にキラキラとした杢が入ってたりと、他の板では見ることのできない色合いと表情に魅了されます。名前の由来にもなった杢の美しさがとびぬけています。

一枚板・バストゥーンウォールナットをお使いのお客様のご紹介

納品したお部屋はお客様が大勢こられてパーティをされるお部屋とのこと。おもてなしの空間にひときわ存在感を放つテーブルで素敵なひとときを愉しんでいただければと思います。

バストゥーンウォールナット


いかがでしたでしょうか。一枚板好きスタッフがオススメしたい超レア樹種ベスト5・第5位は“ポプラ瘤杢(こぶもく)”でした!次回の第4位をお楽しみに!


さらに気になる樹種で一枚板納品事例をチェック


もっと見る



このブログも読まれています


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki