スタッフ紹介【関東小売マネージャー:後藤 尚史】

2019-02-15

「私たちスタッフの仲の良さは一枚板のおかげかもしれません。」

後藤 尚史

一枚板を通じて、たくさんの方に笑顔になっていただきたい。

一枚板テーブルを置く事で、家族の会話が増えた、色んな人からテーブルを褒められる、商談がうまくまとまった、など、お客様から喜びの声をいただく事がとても多いです。

私自身も毎日一枚板に囲まれて生活をしていますが、不思議と心が癒されています。

アトリエ木馬のスタッフが皆仲が良いのは、毎日一枚板に囲まれているからかもしれませんね。笑

一枚板の魅力は語りつくせないほどたくさんありますが、人の心を豊かにしてくれるテーブルは、一枚板テーブル以外にないと思っております。

生活の中に一枚板を取り入れる事で、自然と人が集まり、笑顔が生まれ、生活が豊かになる。

皆様のご家庭にそんな特別な存在となるテーブルをお届けできることを誇りに思います。

一枚板がきっかけでできた木馬コミュニティー

2年前に青山ギャラリーの周年パーティーを行いました。

一枚板テーブルをご購入いただいたお客様をお招きし、ケータリング等のおもてなしをさせて頂きました。

皆様、本当に心の温かいお客様ばかりで、ご自身の一枚板の事を嬉しそうにお話ししていただいている姿がとても印象的でした。

お客様同士でも大変仲良くなっておられ、後日お客様同士での新年会も行われました。

お客様皆さまより、「一枚板について話せる知り合いができて良かった!素敵なご縁をありがとう!」

と仰っていただき、一枚板を通じて新しい人との繋がりが生まれた事がとても嬉しく、心に残っております。

この子がどのように成長してきたかをイメージしてもらえるように

一枚板の産地、希少性を必ずお伝えしております。

アトリエ木馬の店内には、たくさんの一枚板が並んでいるので、ついたくさんあるものと思われるかもしれません。

ただ、店内に並んでいる一枚板達は、どれも樹齢何百年~何千年という長い歳月を経て、皆さまのもとへお届けできるものであり、全てが大変希少なものです。

お客様にとっても、これから長い歳月を共に暮らしていくパートナーとなりますので、より一層愛着を持ってご使用いただけるように、この子がどんな場所で、どのように成長してきたかをイメージしていただく事を常に心がけております。

趣 味

読書

好きな言葉

「笑う門には福来たる」

「笑う」という事は人が生きる上で本当に大切な事だと思います。

悲しい事や辛いことがあっても、どうしたら笑顔になれるかを考えると、自然と前向きになれるので、自身の座右の銘にしています。

ハマっている事

読書


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki