ペンとカメラと本と一枚板と

2019-03-21

アトリエ木馬 大阪ギャラリーです。

ただいま関西4店舗+名古屋ギャラリーにて、新生活応援フェアを開催中です。

詳しい内容は下記のリンクをご参照ください。

新生活応援フェア

大阪ギャラリーでは、「#俺のデスク」と銘打って、

コンパクトなサイズ感の一枚板を机として使用するご提案をしています。

もちろん、「俺」だけでなく「僕」も「私」も「あなた」も「キミ」もご使用していただけるデスクです。

いま店頭に展示しているデスクは、1800mmもの幅の一枚板です。

これだけの広さがあれば、少々散らかしても平気で受け止めてくれるサイズです。

また、一枚板はとにかく頑丈ですし、傷が入っても表面を削ってしまえば新品になるという特性があります。

もし、この春から新一年生の方がいれば、それこそ『大きな古時計』級の生涯の伴侶となってくれることでしょう。

児童のころは学習机として。

社会人になってからは1人用のダイニングテーブルとして。

結婚したら2人用のダイニングテーブルとして。

家族がふえたらダイニングは他に譲って、一枚板はセンターテーブルとして。

または子供へ学習机として受け継いで。

その子供がひとり立ちしたら再び自分用の机として。

 

シンプルであるがゆえに、様々な場面で柔軟に活用できる一枚板。

新生活応援のこの機会にぜひ店頭でご覧ください。

そして、店頭にお探しのサイズや樹種が無い場合もどうぞお気軽にご相談ください!


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki