一枚板入荷の裏話

2019-05-14

皆様こんにちは。

アトリエ木馬大阪リビングステージです。

5月に入り、日中は半袖で出かけられそうな程暖かくなってきましたね。

 

今回はギャラリーに展示している素敵な一枚板を私たちがどのようにチョイスしているかの一例を解説いたします。

家具の一大生産地である福岡県大川市にある自社工場で一枚板は丸太から製材された板の状態で、

長期の乾燥を経て、テーブルになる部分を決める木取りという作業が行われます。

この写真をもとにギャラリーのスタッフでサイズ感、木目や杢の出方を推察し、

これだ!という板を仕上げてもらい、それらがギャラリーに入荷します。

入荷した板の開梱作業はいつもワクワクします!

同じ木の種類でも同じ表情の一枚板は当然のことながら存在しません。

選んだ一枚板はどんな表情、雰囲気をもっているのか、私たちにとってもこの作業が新しい一枚との素敵な出会いです。

 

そして出来上がってきた一枚板がこちら

木取りの画像ではわからない複雑な色合い、力強い木目の流れ、荒々しい耳部分と光沢感をともなった波状の杢目・・・

とても魅力的な一枚板がギャラリーに入ってきたと毎回自分を褒めていたりもします。

それと同時に大川の高度な木工技術を発揮してくれる職人の皆さんにも感謝です!

 

アトリエ木馬で取り扱っている一枚板の一部はこのような過程でギャラリーに展示されています。

今回のウォールナット一枚板を中心に、スタッフ厳選の商品を多数展示しておりますので、お時間がございましたらぜひお立ち寄り下さいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki