職人技を再確認

2019-08-10

皆様こんにちは!アトリエ木馬大川ギャラリーです!
昼間だけでなく、夜もじめじめとした日が続きますね。
ついつい、エアコンの設定温度を低くしてしまい、外に出た時の
温度差にびっくりしてしまいます。皆様も体調管理には気を付けて、夏を思いっきりましょうね!

さて、大川ギャラリー本店は、一枚板工場に近いという特徴があります!
第一工場はすぐお隣です。足を運んでみると、ちょうど「木取り」をしていました!

「木取り」とは、原木の状態から、どのような一枚板テーブルに仕上げるかイメージしながら
カットする位置や仕様を決める作業のことです。想像力がいる作業になります!

細い木、大きな穴がある木、幅がしっかりある木、、、
それぞれの個性を見極めて、次々と形を決めていく職人技にはいつも驚かされます!

自分が木取りしたものが店頭に並んでいるのを見ると、やりがいを感じる!と教えてくれました。

(いつもはカメラを向けるとポーズをとってくれるのですが、ブログに載ると伝えると恥ずかしがって
撮らせてもらえませんでした!笑 また次の機会に…!)

木取りが終わると、ここから本格的な加工にはいります。

一枚板は一人で運べるものではないので、店頭に並ぶまでの過程を考えれば、
皆様の目に触れるころには何百人、何千人という人の手が加わっているんですね。
そう思うとなんだか感慨深いですよね!

店頭で一枚板テーブルをご覧になる際はこのことを頭の片隅において見てもらえると私たちも嬉しいです!

現在50周年記念セールも好評開催中です!
いつもより一枚板がお得に購入できるチャンスですので、ぜひお近くのギャラリーへお越しください!


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki