クラロウォールナットの一枚板を加工中です

2019-10-27

こんにちは!アトリエ木馬本部です。

本日は、およそ4年前に渡米し、仕入れたとても希少な銘木「クラロウォールナット」について。

ハイブリッド種というだけでも非常に珍しいのですが、「クラロウォールナット・クラスター」という
名称を冠しているクラロウォールナットです。

クラスターというのは、コブ杢(バール)という特殊な模様で、さらに目の細かいものを指すのだとか。
4年の乾燥期間を経て、工場にやってきました。しっかり乾燥しすぎて、杢目もよくわかりません…

果たして綺麗な杢目に戻るのか……。少し不安な気持ちもありつつ、高周波プレス後に削る行程へ。

滅茶苦茶綺麗です。木目が複雑で魅入られます。うーん…凄い。

紫暗褐色をベースに緑系、橙系、銀色系など様々な色が入り、動き
類のない木目になっています。

また乾燥時に捻じれを起こし、薄く仕上がる事の少なくないクラロですが。
その点も今回はクリアしており、しっかり厚みもあります。

まだまだ研磨をはじめ、手仕事は続きますが
一枚板テーブルとして完成し皆様に見てもらえる日が楽しみです^^


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki