アトリエ木馬を少しご紹介

2020-01-11

皆様こんにちは!
アトリエ木馬本部です。

お正月気分も抜けて、恥ずかしながら仕事モードにやっと切り替わってきました!(笑)
今回は何をご紹介しようか少し迷いましたが、アトリエ(工場)について少しご紹介したいと思います!

アトリエ木馬では丸太の買い付けからテーブルになるまですべての加工を自社で行っております。
そのため、一枚板を製作する工程でほぼ毎日原木に触れています。

こちらの銘木はポプラといいます。
模様に特徴がありコブ(杢)を有しています。
板にあるぐにゃぐにゃした木目や凸凹した木肌のことですね。

このコブはとても希少な模様で木が生育する過程で、稀に発生します。
確率では1/100とも1/1000ともいわれています。

こういう木目の板を見てしまうと、仕上がった姿を想像してワクワクしてしまいますね!
こちらの板の加工はというと、
乾燥してできた割れ部分を塞ぎ…
しかし、木目を潰して表情を損なわないように…
凸凹している木肌にも気を使い…

長くなってしまいました、すみません。(笑)
仕上がりがこちらです!

個性的でかっこいい表情の一枚板になります!!

複雑な模様に、独特の木肌、奥行きを感じる深い色味
と、魅力がいっぱいです!

仕上げる過程は大変ですが、かっこよく変身してくれる姿を想像しながら、毎日板と向き合っています。

ですので、皆様が一枚板を見て喜んでくださったり、驚いてくださったり、お迎えくださったりすると、とても嬉しく「仕事頑張ってよかった~!」となるわけなんです。(笑)

本年も気合を入れてしっかり仕上げておりますので、テーブルをお探しの際は、お近くのお店へお立ち寄りいただければと思います。

いつもブログに目を通していただき誠にありがとうございます!
今後も本部のことを少しずつご紹介していきますのでお楽しみに!


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki