テーブルの歴史

2020-05-08

こんにちは、アトリエ木馬吉祥寺ギャラリーです。
今回はテーブルの歴史について、お話したいと思います。
最近はおうち時間も長くなり、テーブルを眺めていたら、いつから存在していたのか、ふと気になったため調べてみました。
本当は一枚板のテーブルの起源を知りたかったのですが、どうしても文献を見つけることが出来ず、テーブルの歴史で断念。

【テーブルの始まり】

さて、現在、皆さんが使用しているテーブルには様々な形や素材・用途に合わせたものがあると思います。
素材:木・大理石・ガラス・鉄・プラスチック
形:丸い形・多角形・四角・エクステンション
用途:ダイニング、デスク、コーヒーテーブル・ミーティングテーブル
などなど。

では、それらテーブルの始まりは一体いつからなのか?どこで生まれたのか?
皆さんご存知でしょうか?

実はというと、発祥については定かになっていないというのがオチなんですね…すみません。(^^:
ただ、その過程で面白い記事を発見しました!
現存する歴史上最古のテーブルの記事がありました!
いつの時代のどんなテーブルなのか?
それはなんと、エジプト第17王朝で使用されていた木のテーブルでした!
今からで言うと3600年以上前のことなんですね。家具の中でも古い歴史がありますね。(残念ながら、画像などはありませんでした。)

余談ですが、更にその1000年以上前にはあの有名なピラミッドが完成していたようです。
エジプトの文明に驚きと興味が湧きますね。

ただ、エジプト時代のテーブルは、木の板に脚を簡単に取り付けたものが多かったそうです。現存する最古のテーブルも木の箱を使用したものでした。
エジプトではテーブルにはあまり興味なかったのですかね。笑

 

【テーブルの発展】

現存する最古のテーブルがいつの時代に存在したか分かりました。
そこから、本格的にテーブルが発展したのはいつなのか?
それは中世時代(476年~1453年)でした。
その時代からは、今ではよく見るような猫脚のようなものだったり、テーブルが大型化したりと豪華な作りに変化していきました。

ちなみに、中世ヨーロッパの食事風景はなんとなく、おしとやかに静かに綺麗に食事をしているイメージがありますよね。でも、全然真逆だったそうです。
口の中にいっぱい食べの物を詰め込み、そのままお喋りしたりしたそうです。
なんか想像が出来ませんね…

【現代のテーブル】

そして、現代では様々なテーブルが存在します。
大理石のテーブル、ガラスのテーブル、鉄を使用したテーブル、エクステンションテーブルなど長さが変化するテーブルも生まれてきています。

でも、ずっと昔から人間が変わらず使用し続けているのが木のテーブルです。
一枚板や集成材・合板など種類はありますがどれも木のテーブルです。
なぜ、歴史が変わり、技術がこんなにも発展しているのに、大昔から前のテーブルと同じ素材、木というものを使用しているのか不思議ですね。
もちろん、木がずっと存在しているから使用しているというのもあるかもしれませんが。
本当はこの木の観点から一枚板の起源とブームについてお話したかったのですが、調べきれなかったのでそれはまたいつの日か分かった時にお話します。

テーブルの歴史については、ちょっと調べただけでも面白い記事があります。更に色々調べたらもっと面白い記事もありました。でも、お話すると長くなりそうなのでまた次回にします!

では、また!!!


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki