【2017.5.26】ねじれて、ちぢれて

2017-05-26

皆様こんにちは。

アトリエ木馬 神戸ギャラリーです。

昨日は雨が降っていましたが、今日は日光がこれでもかと差し込んできて、まだ梅雨には早いのかな感じる今日この頃です。

 

先日三重県の上野公園に行ってきました。

沢山の木や花が咲いており、そこにいるだけで癒されました。

そんな中とても生命の力強さを感じる一本の木に出会いました。

ねじれるように生えている松の木ですが、職業柄なのか、中はどんな杢目になっているのだろうと、ついつい想像してしまいます。

アトリエ木馬では、ねじれる様に生える事が特徴のトチノキという木がいます。

このように横に細かい杢が入り、これを「縮み杢」や「リップルマーク」とよび、ここからトチノキ特有の光沢をもたらしているのです。

そんな縮み杢ですがトチノキばかりにあるわけではありません。

これは左がミズメザクラ、右がウォールナットですが、このように他の木にも縮み杢が出ることがあります。

木の成長の過程でねじれたり曲がったりすることで、美しい杢目となって表れてくるのです。

 

杢目からこの木がどんな成長を遂げてきたのかを想像してみるのも、一枚板テーブルを使う楽しみの一つかもしれません。

皆様もお気に入りの一枚を見つけてみませんか。

 

アトリエ木馬では、5月末まで全ての一枚板が20%オフの決算セールを実施しております。

是非この機会にお立ち寄りください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

アトリエ木馬 神戸ギャラリー

logo_mokuba logo_seki