【2017.6.26】悠久の歴史 屋久杉

2017-06-26

こんばんは!

アトリエ木馬 博多ギャラリーです。

博多はようやく梅雨らしくなってきました。

梅雨の雨で思い出されるのが、屋久島と連想してしまうのは私だけでしょうか(笑)

屋久島では月に35日雨が降るといわれるほど雨量が多いです。

その影響により豊かな自然があります。

屋久杉もそのような環境だからこそ1000年以上育つ樹木です。

※写真左は縄文杉です。

屋久島では、ひとえに屋久杉といわれるものは1000年以上の樹齢のものです。

それ以外は小杉などと呼ばれます。

上の写真右は、屋久杉の原木の写真になります。

言葉では言い表せない独特な雰囲気を醸し出す杢目です!

また、原木ですので店内に入った時のいい香りも出してくれます。

一度、香りを嗅いでいただければと思います^^

logo_mokuba logo_seki