【2017.6.30】一枚板について知りたい話。Part.3

2017-06-30

皆さまこんにちは!

アトリエ木馬五反田ギャラリーの宮崎です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

アトリエ木馬にご来店頂いたことのある方、既にアトリエ木馬の一枚板を使って頂いている方、

そして、まだお会いしていない方々。

このブログを全ての方々と触れ合える場として、皆さまに少しでも役に立つ有意義な情報をお伝えしていきたいと思います!

 

さて、本日は、一枚板について知りたい話。Part.3です。

Part.1とPart.2は、こちらからどうぞ♪ ↓↓↓

【2017.4.19】一枚板について知りたい話。 【2017.5.10】一枚板について知りたい話。Part.2

 

Part.2で一枚板のお手入れについてお話させて頂きました。

「アトリエ木馬の一枚板は、ウレタン塗装で仕上げているため、お手入れが簡単♪」という内容だったのですが、

アトリエ木馬の一枚板、実はウレタン塗装だけではありません。

本日は、そのもう一つの塗装、「オイル塗装」についてもお話してみたいと思います。

上の写真、どちらもウォールナットの一枚板です。

左の少しつやっとしている方が「ウレタン塗装」、右が「オイル塗装」です。

まずは、ウレタン塗装とオイル塗装の違いについてお話します。

【ウレタン塗装】

○メリット・・・メンテナンスフリーでお手入れが簡単。完全に水はじきするので、何かをこぼしてしまっても大丈夫。

普段のお手入れは普通のテーブルと同様、水拭きで大丈夫です。

○デメリット・・・傷がついてしまった場合、お家での補修が難しいです。

ただ、弊社工場にご依頼頂ければ、傷はすっかりきれいに。新品同様に戻ります。

100年家具と呼ばれる一枚板、10年、20年使って頂いた後、どこかの節目で弊社工場にご依頼頂ければ幸いです^^

【オイル塗装】

○メリット・・・木のぬくもりをより感じられるしっとりとした質感。塗膜でコーティングしていないので木本来の表情と質感を楽しめます。また、傷がついてしまった場合は、ご自身で補修が可能です。

○デメリット・・・塗膜でコーティングする塗装ではないため、何かこぼしてしまった場合はしみこんでしまいます。

長く使っていただくには、定期的にオイルを塗り重ねるというお手入れが必要になります。

 

以上のような違いをふまえて、アトリエ木馬では、

水に触れることが多く、日常使用頻度が高いダイニングテーブルは、「ウレタン塗装」

食事をすることの少ない、センターテーブルやデスク、TVボードには、「オイル塗装」仕上げを基本としています。

もちろんお客様のお好みでどちらか選んで頂けるのでご安心ください^^

 

続きまして、オイル塗装の傷のなおし方・・・といきたいところですが、

本日はここまで。また次回ご紹介したいと思います♪

 

そして、最後に皆さまにお知らせです。

明日7月1日(土)~2日(日)の2日間、五反田TOCビルの館内停電作業に伴い、アトリエ木馬五反田ギャラリーは臨時休業となります。

※休館中は電力供給がすべて停止するため、お電話、FAX、メール等によるお問合せも対応いたしかねます。
※3日(月)より通常通り営業いたします

 

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い致します。

五反田ギャラリー以外のギャラリーは全店元気に営業致します^^

五反田ギャラリーへご来店を予定していた皆さま、ぜひ3日以降にお待ちしております!

その他のスタッフブログ

logo_mokuba logo_seki