これなーんだ?

2017-09-14

皆さま、こんにちは!

アトリエ木馬五反田ギャラリーの宮崎です。

突然ですが、皆さま、これなんだかわかりますか・・・?

「木」ですね。

私たちが木以外紹介することはないので、木に間違いはありません。笑

真ん中に穴が開いていて、小さいものと大きいものがあります。

いろいろな色の木がありますね。

さて、これは何に使うものでしょう?

好きな木を2つ選びます。

サンドペーパーで磨いて、オイルを塗りましょう。

そして、その横には、試験管のような透明な容器があります。

その後どうなるかというと・・・

 

 

 

じゃーん!

世界に一つだけ、オリジナルの一輪挿しの出来上がり!

すごく簡単な作りですが、特別感のあるとっておきの一輪挿しが出来上がります♪

木の種類は、ウォールナット、オバンコール、クス、ゼブラウッド、チェリーなど、計12種類。

中には、かなりレアな木も・・・

その日の気分に合わせて、テーブルにちょこんとお花を飾るのも素敵ですよ。

こちらの一輪挿し、アトリエ木馬五反田ギャラリーの今月のイベント、「秋の徳の市」にて販売します。

気になる方はぜひ、五反田ギャラリーへ!

イベントは、9月30日まで開催しております。

 

今回の一輪挿しを含め、各ギャラリーで、時計やシェルフ等のワークショップが行われておりますが、材料は全て一枚板テーブルの端材を有効活用したものです。

アトリエ木馬でしかできないワークショップ、ぜひ皆さまも楽しんでみてください♪

logo_mokuba logo_seki