ネームバデュー ~ほんものの価値~

2017-11-03

皆様こんにちは!

アトリエ木馬 青山プレミアムギャラリーです!
肌寒くて木肌が恋しくなる季節が近づいてきましたね!
木の温もりって本当に素敵で、
身体も心も温かくなります^^

話は変わりますが、
一枚板の価格について今日はお話させて頂ければと思います。

ご覧の皆様は一枚板が高いと感じていらっしゃる方も少なくないと思います。
ですが、一枚板には価格相応、それ以上の価値が間違いなく御座います。

家具量販店で販売されるテーブル。
何年か使えばいずれ「捨てる」、「壊れる」、etc..手放す日が来ると思います。
しかし無垢テーブルは樹齢以上の年月を使用できるといわれており、
何十年も何百年も世代を超えて親子代々受け継ぎお使い頂けます。

何十年使用したとして、傷やシミなど味として残すことも素敵ですが、
削り磨きなおすことで、また新品同様でお使い頂けるのも魅力の一つです。
コストパフォーマンスが非常に高いものなのです。

私はブランド品が好きです。
それは物自体のクオリティが大変高いものだからです。
ですが、価格の中にはやはり、デザインやブランド価格というものが含まれているものです。

ですが、アトリエ木馬はそれとは異なります。
商品は出来上がるまで、
《樹齢何百年》 + 《2~10以上の乾燥》 + 《磨き上げ、塗装の数週間》
といった、途方もない歳月が経過しております。
私どもの一枚板はブランド価格ではなく、”木”本来の価値として掲げさせて頂いております。

同じものが二つとして存在しない、唯一無二の世界に一つだけの一枚板選びに、
是非ギャラリーへお運び頂ければ幸いです。

様々な木の特性やストーリー等があり、スタッフのお話を、暇つぶし程度で結構ですので
聞きにいらしてくださいませ!

logo_mokuba logo_seki