紅葉狩り

2017-11-10

皆さまこんにちは。

アトリエ木馬五反田ギャラリーの宮崎です。

紅葉の季節真っ只中ですね!

私も先日、箱根に紅葉狩りに出かけました。

駒ヶ岳の山頂は雲がかかっていて、景色を楽しむことが難しかったですが、強羅公園のモミジと、駒ヶ岳ロープウェーからみた紅葉がとてもきれいでした!

紅葉する木には、モミジ、カエデ、サクラなど、色々な種類がありますが、紅葉の仕方には大まかに下記の3種類あります。

「紅葉」 緑色から赤色に変わる木、緑色から黄色になりその後赤色に変わる木

「黄葉」 緑色から黄色に変わる木

「褐葉」 緑色から黄色になりその後褐色に変わる木

 

葉の中の様々な色素が、分解されたり、合成されたりして、色が変化していくのですが、いまだに紅葉のメカニズムは完全にはわかっていないそうです。

木というものはどこまで神秘的な存在なのでしょう。。。

 

さて、今回は、「紅葉」「黄葉」「褐葉」から、それぞれ1種類ずつ、五反田ギャラリーに展示中の一枚板テーブルとして紹介したいと思います!

まずは、紅葉から・・・

ヤマザクラの一枚板です。

桜と言えば、春ですが、秋の紅葉も実に美しいです。

葉っぱは赤く変化します。

木目は温かみのある橙色で、光沢もあり、とても上品な印象。

お部屋をより温かいイメージにしてくれます。

こちらのテーブルのサイズは、長さ160cm、奥行75cmで、4人掛けにピッタリのサイズです♪

 

次は、黄葉です。

カバの一枚板です。

葉は黄色に変化します。

カバは、前に紹介したヤマザクラの代用として使われることもありますが、カバ自体も非常に美しい光沢を持っている種類です。

こちらのカバの一枚板は、今週入荷したばかりのほやほやの一枚!

サイズは、長さ150cmで、こちらも4人掛けのサイズです。

ぜひこの美しさを堪能してください♪

 

最後に、褐葉です!

抜群の存在感、トチの一枚板です。

葉は黄色に変化した後、褐色に変化します。

満遍なく入った光沢は、トチ特有の縮み杢によるもの。

木とは思えないその美しさは、シルクや、水面、宝石の輝きのようと、称されます。

サイズは、長さ240cmで、贅沢な6人掛けサイズです。

五反田ギャラリー店内中央にてディスプレイしており、他にはないオーラを放っています。

ぜひこの存在感を実際に見て体感してみてください。

 

以上、紅葉とともに、五反田ギャラリーの一枚板をご紹介しました!

ぜひ皆さまも、紅葉狩りをする気分で、お近くのギャラリーに遊びに来てみてください♪

logo_mokuba logo_seki