色とりどりの一枚板

2017-11-16

皆様こんにちは

アトリエ木馬神戸ハーバーギャラリーです。

 

益々気温が下がり、本日の神戸の最低気温は一桁とかなり寒くなってきましたね。

寒くなるにつれ紅葉もどんどん色づいてきて、見頃を迎えている地域もあるそうです。

 

そんな今日は色とりどりの一枚板をご紹介させて頂きます。

まずはこちらから。

南米のパープルハートとミャンマーのカリンコブの木です。

どちらも暑い地域でゆっくり成長する木ですので、密度も高く非常に硬い木です。

色や杢目が美しく装飾的価値も高いことから、楽器や高級家具に使われる事が多いそうです。

 

 

続いてはこちら。

日本の栃ノ木とアフリカのブビンガです。

日本の繊細さを表してるかの様な上品な光沢のある栃ノ木は、経年変化で更に光沢が増すと言われております。

ブビンガはアフリカの壮大な自然の力強さが色や杢目に表れていて、ワイルドな一枚となっております。

 

 

 

秋の紅葉は見られる期間が限られておりますが、一枚板なら毎日ずっと鮮やかな色を楽しんで頂けます。

他にも沢山の一枚板をご用意しておりますので、お時間がございましたら、アトリエ木馬神戸ハーバーギャラリーまで足を運んでいただけると嬉しいです。

 

 

また、1123()28()に関西初催事を行います。

100枚程の一枚板を一気に展示させて頂きますので、この機会にぜひお立ち寄りくださいませ。

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

アトリエ木馬神戸ハーバーギャラリー


このブログも読まれています


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki