【2017.6.21】木取りの様子

2017-06-21

 

こんにちは♪アトリエ木馬本部です!

梅雨の季節ですね!
雨の日が続いたかと思えば、夏の日差しを感じる日もあったり…。
気まぐれな天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか^^

さてさて、本日は一枚板をつくる行程「木取り」の様子をお届けいたします!

 

「木取り」…耳馴染みのない言葉ですよね?

簡単に説明しますと、用途に応じて木材をカットする位置や仕様を決める行程のことを
私たちは「木取り」と呼んでいます。

画像のように、板に直接チョークでカット位置や、この部分は埋めるなどを記していきます。
つまり、ここで板のサイズだったり、どう木の風合いを残すかだったりが決まるのです!

 

木材もそれぞれ表情が異なっています。
整った木目を持つもの、まっすぐなもの、割れや虫食いなどの欠点のあるもの…。

それらを見極めながら、一枚板の完成形をイメージしていきます。
最終的なクオリティがここで決まるといっても過言ではありません!

経験と知識が必要になってくる、重要な作業になります。
と同時に、創造的な面白さがある作業でもあります!

 

このように、少しずつ皆様のもとへ届く「一枚板」へと姿を変えてゆくのです。

職人の思いがつまった一枚板を是非お近くのギャラリーでご覧ください!!!

それではまた工場の風景をお届けしますね!お楽しみに(^.^)/~~~

logo_mokuba logo_seki