初めてわかるお客様の気持ち

2018-07-11

皆さまこんにちは。

アトリエ木馬五反田ギャラリーの宮崎です。

本日は、勝手ながら、我が家の一枚板テーブルをご紹介させて頂きたいと思います。

ずっと欲しい欲しいとは思っていましたが、4月頃から真剣に探し始め、ついに先日納品しました。

 

実は、昨年10月のブログで、姉の家の一枚板テーブルも紹介させて頂いております。

一枚板テーブルのある生活

姉はアフリカ材のオバンコールのテーブルを選んだので、絶対オバンコール以外にする!と決めておりました。笑

 

毎日たくさんの一枚板とともに仕事をしている私が選んだのはこちらのテーブルです!

最近新しく入荷し始めた、ヨーロピアンウォールナットです!

スペインで育ったウォールナットで、よく知られているブラックウォールナットとは違い、淡いカフェオレのような色合いが特徴です。

入荷された時から、私はこのヨーロピアンウォールナットのおしゃれな色合に魅了されました。

ただ、なかなか他にない色なので、コーディネートが難しいかな、、、と思い、最初は検討から外していました。

その後もブラックウォールナットを中心に探しましたが、やはりヨーロピアンウォールナットのことが忘れられず、、、

お客様たちも皆さまこうやって悩みながら、最終的に頭から離れない、忘れられない一枚にたどりつくのだなと改めて実感しました。

実際に我が家に入った写真がこちらです。

床の色が明るいので、コーディネートが難しいかと思いましたが、外側の白太の部分が上手く調和をとってくれています。

椅子は、弊社関家具オリジナルブランド「NO WHERE LIKE HOME」のオーウェンを選びました。

ブラックウォールナット材のチェアとも相性ばっちりで大満足のダイニング空間になりました!

これから裏返したり、向きを変えたりして、家の模様替えをするのが楽しみです。

今は耳部分がない方(キッチンに近い方)が私の席なので、いずれ反対の向きにして耳がある方に座りたいと思っています^^笑

 

今回、自宅のテーブルを選んでみて、今までわかっていたようで知らなかったお客様の気持ちに改めて気づかされました。

家具は試着ができません。サイズは本当に家に合うか、色合いは大丈夫か、不安に思うことはたくさんあると思います。

一枚板テーブルは物によっては変わった形のものもあるのでなおさらです。

そんな不安を誠心誠意対応して、払拭してあげるのが私たちスタッフの役目です。

どんな不安なことも私たちにぶつけてください!

そして、皆さまにもご納品時の感動を味わってもらいたいです!


このブログも読まれています


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki