Summer ’18

2018-08-08

皆さんこんにちは!アトリエ木馬神戸ハーバーギャラリーです。

これだけ暑い日が続いていると、『異邦人』のムルソー氏よろしく「太陽のせい」なんて言ってみたくなりますね。

そんな夏の日に聴きたい曲と言えばPink Floydの名盤『原子心母』収録の「Summer ’68」です。これは、さわやかなピアノから始まる穏やかな楽曲です。

鼻歌を歌いたくなるような美しい旋律から、中盤の暑苦しい展開に至ります。

まるでラジオ体操から始まり、高校野球を見てから夕方に買い物に行く…といった夏の一日のような構成の名曲です。

さて、そんな暑い夏ですがただいまアトリエ木馬全店で創業祭をおこなっております。

店頭の一枚板がすべて10%OFFと大変お得なセールとなっています。

 

また、当ギャラリーではそれに加えて「栃の看板」を30%OFFで販売することにいたしました!

この栃はながらくギャラリーの顔として主役を張っていましたが、そろそろテーブルとしての活躍もしてみたいかな…と思ったのです。

もちろん、弊社のプレート(お馬さんとMOKUBAの文字)は剥がしたうえで、表面をきれいに仕上げてご納品いたします。

3メートル超の栃をお手頃価格でお求めになれる絶好の機会です。ぜひご検討ください!

また、ハーバーギャラリーでは8月も引き続きワークショップを開催しております。

銘木を近くに感じたい方、夏休みの宿題が終わっていない方、とにかく何かを削りたい方、動機は問いませんのでこちらもご参加ください。

なにごとも「思い立ったが吉日」です!

「Summer ’68」の歌詞はわりと希薄な人間関係について書かれています。

『異邦人』もそうですが、太陽がギラギラするといろいろなことが投げやりになるのかもしれません。

そういう心情のときにやさしく包み込んでくれるであろう「木」に触れて、リフレッシュいたしましょう。

みなさまのご来店をお待ちしております!


このブログも読まれています


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki