川柳のすすめ

2018-08-20

皆様こんにちは。

アトリエ木馬青山プレミアムギャラリーでございます。

日々暑さが増し、外を歩くのも大変。

そして最近は暑さの他に台風も続けてきており、湿度が上昇し過ごしにくい日々が続きますね。

皆様もお体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

さて、今回は一枚板とは少し別のお話をします。

先日、ふとネットニュースを閲覧している中で気になる記事がありました。

それが、就職活動中の学生が吐いた就活川柳でした。

ちなみに、俳句は「詠む」と言いますが、川柳は「吐く・ものす」と表現します。

川柳は人間社会の出来事に関するものが多く、やり場のない気持ちや、自分の内に溜めているものを外に出すということから「吐く・ものす」と言います。

現在では、「オタク川柳」「サラリーマン川柳」「女子会川柳」など、多様化しているようです(^^:

 

さて、話が逸れてしまいましたが、私が見た就活生の就活に関する川柳がとても面白く、共感できました。

そして、同時に頑張って欲しい!と思いました。

それがこちらの川柳

 

「不合格 心もSuicaも チャージ切れ」

 

この川柳を見たときは凄い分かる!と共感しました。

他にもいくつかありました。

 

「ありのまま 見せたら絶対 落とされる」

「祈られた 企業の数だけ 強くなる」

「受信時間 残業時間が 浮き彫りに」

 

就活生の様々な思いが吐き出されており、とても印象に残りました。この就活生の川柳を読み、川柳はとても胸に残るものだと感じたのと同時に、またなぜ残るのだろうかと不思議に感じました。

なぜ残るのか、その訳は、五・七・五の短いリズミカルな音の中に、人の思いがぎっしり詰まっているからではないかと私は感じました。

この川柳を読み、私は一枚板川柳もブームにならないかと思いました。笑

一枚板川柳ブームを作り、一枚板の良さ、ぬくもりを日本中、世界に発信できたらと思い、今回はこのブログをその第一歩目として発信しました。

こちらのブログをお読みいただいた方は是非、SNSやコメントに一枚板の対する思いを川柳にして載せてみてください!

 

私も一枚板川柳を作りました。上手くはないです。笑

「魅力的 適うもの無し 一枚板」

「一枚板 受け継ぐものは 団欒場」

「感じるは 大地の重み ブビンガや」

「栃の木や 苦労察する その姿」


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki