世にも珍しい楠

2018-10-26

こんにちは!

アトリエ木馬青山ギャラリーでございます。

気温もだいぶ下がり、肌寒さを感じる季節になって参りました。

秋も一瞬で過ぎ去り、もう冬ですね。

そういえば最近のニュースではもう冬なのに各地でちらほらと桜が咲いていることを耳にしますね(^^:

花はやはり春の陽気な天気とともに見たいものです。笑

 

さて、今回はクスの種類についてお話をしたいと思います。

実は先日、青山ギャラリーにクスの一枚板が入荷しました。

クスと言っても一般的なクスとは全然模様も色も違います!

一般的なクスは白い色ですが、今回入荷したクスは花楠と呼ばれ、とても魅力的な色と模様をしております。

一般的なクスはこちら

そして、こちらが花楠の一枚板!

どうですか?とても魅力的な模様でしょう!

花楠と呼ばれる所以はその模様にあります。

こちらの写真を見ていただけると、木目が花のような模様になっているのがお分かりでしょうか?

この花楠の一枚板は他ではお目に掛かることが難しいと言われております。

それほどまでに貴重な一枚板を青山プレミアムギャラリーでは展示しております。

他にも神代クスと呼ばれる一枚板も展示しております。

こちらも一般的なクスとは模様・色が違い、神々しい表情をしております。

神代とは、1000年以上火山灰や土の中に埋もれていた木に名づけられるもので、

腐敗せずに土や火山灰の色が染み付き、時に素晴らしい芸術品を生み出すこともあります。

青山で展示している神代クスはまさに芸術品、否、国宝級ともいえる最高傑作です。

写真では分かりづらいかと思いますが、神々しい魅力があります!

是非、この世にも珍しい2枚のクスをご覧になってみてください!

ここで2枚の楠について一句

 

「楠の木や 時代に残る 名作や」


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki