仕上りをイメージする力

2018-12-27

皆様こんにちは!
アトリエ木馬本部です。

先日までクリスマス一色だった街並みもあっという間にお正月仕様になってきています。
今年は皆様どのような1年だったでしょうか?

関家具は今年50周年を迎え、イベント盛りだくさんの1年でした。
クラフトマンズデイ、クリスマスマーケット等、今後につながるイベントもあり、来年以降もとても楽しみです!

さて、今回は一枚板の製作工程で最も重要と言っても過言ではない、木取りの様子を見てきました!

木取りとは製材された板の「カット位置」「サイズ」「加工方法」等、一枚板完成までのすべての工程を決める作業です。
どのように加工するのが一番良いか、仕上りをイメージする力が必要になります。

すべてが世界に一つの板ですのでそれぞれの板にあった最適な木取りが必要になります。
テーブルとして使いやすいサイズ、形など一枚板テーブルを知り尽くした人にしかできない重要な工程です。
私自身、木取りを手伝うことがありますがこの木取りの技術も職人の技と言えると思います。

しっかりとした木取りを行うことが出来ているからこそ、アトリエ木馬のギャラリーに並んでいるようなきれいな一枚板が仕上がっているのです。

一枚板の工程を学べば学ぶほど職人の技術の素晴らしさを発見できます!
ぜひ、皆様も職人の技術が集結した一枚板にふれてみてください!

今年の年末は大寒波が来るみたいですので体調管理には注意して、
皆様よいお年をお迎えください。

以上アトリエ木馬本部でした!


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki