癖の強い

2019-07-03

皆様こんにちは。

アトリエ木馬名古屋ギャラリーです。

 

本日は個性の強い一枚板の中でも、特に「癖の強い」一枚をご紹介いたします。

こちらはバストゥーンウォールナット。

クラロウォールナットからさらに交配を重ねた超希少樹種です。

名前の由来は諸説ありますが、一説によると、ベルギーの「バストーニュの戦い」が語源らしく、

連合軍とドイツ軍が入り乱れている様子を比喩し、その複雑に絡み合い、揉めている様をその杢目に表しているとのことです。

確かにその名の由来に劣らず、複雑に絡み合い、吸い込まれるような魅力を放っています。

こちらはオールドジャラという樹種。

ジャラは樹高が40m、胸高直径が1.3mほどになるユーカリ、カメレレなどと同種のオーストラリア固有の種で、

木によって非常に気乾比重や硬さにバラつきのある木でもあります。

光沢感が強く、杢目も独特です。

こちらはビッグリーフメープル。

カナダに多く生育している樹種で、大きな葉っぱが特徴です。

幹の部分を輪切にした珍しい形状の一枚です。

透明感のある飴色の光沢感が特徴。

この様な直径の樹が生えていたのかと思うと圧巻ですね。

最後は日本の代表格、楠。

御神木にもなるように雄々しくたたずむ姿は圧倒的な存在感。

変形のものは珍しく、強い生命力を感じさせる一枚です。

 

アトリエ木馬の各ギャラリーでは、こういった普段見かけることができないような希少な一枚板についても、圧倒的な在庫数を誇っています。

日本全国にギャラリーがございますので、お近くのギャラリーにぜひ足を運んでみてくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki