一枚板と金箔のコラボレーション Part3

2019-10-09

皆様こんにちは!アトリエ木馬本部です!

約1ヵ月半ぶりになってしまいましたが、裕人礫翔氏とのコラボレーション作品のお知らせです!
先日やっとレジンの流しが終わり、これから研磨に入っていきます。

サイズが大きいので流しも大変でしたが、ここからの研磨が最も大変な作業になります。
少しでも妥協してしまうと研磨痕が残ってしまうため、根気強い作業が必要になってきます。

写真では研磨していなくてもきれいに見えますが、実は表面は少し波打っており細かなキズも残っています。

その為、一度全面をきれいに削る必要があるのです。
別のサンプルですが、削った状態の写真がこちら!

なんと真っ白です!
あの透明度が非常に高いきれいな仕上りからは予想もつかない見た目だと思います。
ここから時間をかけて丁寧に研磨していくとこの透明度に!

実はこのサンプルのレジン、私が時間をかけて研磨しました。
直径20cm程のものなのですが、これ1つ仕上げるのに約1日かかりました。。。
びっくりです(笑)

これから考えると、今回の作品は何日かかるのでしょうか。。。
私よりも研磨に優れた職人が数人で作業を行いますが、それでも大変な作業には違いありません。
やはり素晴らしい作品にはそれ相応の時間と人の手がかかっているんですね!
早く皆様にきれいに研磨し終えた作品をお見せしたいです!

今後もブログにて進捗をお知らせしていきますのでぜひ楽しみにしていてください!
以上アトリエ木馬本部でした!


このブログも読まれています。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki