TBSがっちりマンデー!!にMOKUBAが登場しました

2017-08-29

2017年8月13日放送のTBS“がっちりマンデー!!”にMOKUBAが登場しました。

放送の内容をご紹介させて頂きます。


訪ねたのは福岡県大川市。地元では知らぬものはいないという関家具って会社。

あいやぁ〜。社員さんも一杯でこりゃ儲かってそうだ!

スタッフおはようございます。「がっちりマンデー!!」です。
関社長ようこそ。いらっしゃいませ。
スタッフ黒のジャケットに真っ赤なネクタイ!
関社長私のトレードマークです!
スタッフ街歩いたら怖くないですか?
関社長ルパン三世じゃないかって。
関社長笑。ハハハハハぁー。


20年以上ルパンスタイルで海外を飛び回っているという関文彦社長75歳。

1968年に産声をあげ、今や世界100ヶ国で高級家具を販売するまでに成長した関家具。創業以来増収を続け年商155億円に。一体 何が世界で売れているのでしょ?

関社長こちらが世界に売っている我が社の製品の展示場です。
スタッフへぇ〜。うわぁ!なんだ!

関社長こういうケヤキ。日本の伝統的な…
スタッフテーブル?
関社長世界に売って儲けさせてもらっている製品がこの一枚板のテーブル。
スタッフ一枚板のテーブル?
関社長はい


そう。巨大な木から切り出した一枚板の超高級テーブル

ブビンガという木からつくったテーブル。216万円

カリンで出来たテーブルはなんと378万円。

そしてこちらケヤキのテーブルは…

関社長これが2,160万!
スタッフはい?これ?!
関社長テーブル一枚が。
スタッフ嘘でしょ?!


嘘のような本当の価格。2,160万円。樹齢500年近くのケヤキからとった一枚板のテーブルは厚さ13cm。

歴史が刻んだ複雑な木目の美しさ。

縁もコブが浮き出た大人気の模様、玉杢ということもあって。これ一枚でマンションが買えちゃいそうなお値段に!

スタッフ海外のどういう方が買われるんですか?
関社長やっぱり木が好きな富裕層の方。木の良さというのを海外の方は着目されるんですね。


そう。ターゲットは世界のお金持ち。社長いわく日本にはあまり高い家具を長く使い続けるという文化がない。

しかし海外は逆で、モノさえしっかりしていればバッチリ売れるんだとか。

とは言っても2,000万円って…。

関社長これが工芸製品っていう私のポリシーなんです。

工業製品の大量生産じゃなくて

これは世界で1つだけですもの。

スタッフなるほど。


工業製品より工芸製品。

関社長工業製品はどうしてもね、大量生産、価格の競争になってしまうのです。じゃなくて少量を良い素材で、丁寧に作り上げる。


外国で売れるヒミツは丁寧な製品づくりにあり。

そのためにまずは素材選びから。

社長みずから世界を飛び回り、買い付けをして…


すごーく手間暇かけてつくっている。


一本数百万円で仕入れたニレの丸太を回転させながら製材機に。

木や年輪の状態をチェック。一番綺麗な木目が出るのは縦・横・斜め、どの角度かを見極めて調整しながら、のこぎりを入れる。

すると美しい一枚板が。

切断面が割れないように丁寧に接着剤で塗り固め、細心の注意を払いながら次なる一枚を切断するのです。

切り落とした一枚板は。木の種類によって2〜10年かけて自然乾燥。

気の長〜い寝かせが終わると加工に入るのですが、まずは乾燥して反ってしまった板を高周波プレス機で平に。

そして熱を加えて殺菌する。



カンナがけやヤスリがけを機械で数回に分けてほどこし。

ここから人の手で丹念な仕上げが。

自然な風合いを生かすため板と同じ木の粉を使って傷や穴などを埋め接着剤で固めていきます。

しかし…。

職人しっかりは埋めません。
スタッフわざと?
職人原木の状態を出すため
スタッフなるほど


職人さんに丁寧に研磨された後、

今度は特殊な塗料でツヤ出し。

職人だいたい回数よりこの量ですね。500mlの量を全部塗ります。


30回以上もの重ね塗りを表と裏、それぞれ3回ずつって大変。

この手間ひまが世界で売れる一番の理由なんですね。

それでは2,160万円のテーブル!スタジオでしかとご覧あれ!

加藤浩次わ〜、そうか〜。何これすごい!
若槻千夏すご〜い。

進藤晶子木目の美しさ厚みでお値段が決まるということです。
加藤浩次2,160万!
若槻千夏贅沢だな〜。
進藤晶子加藤さんお好きでしょ、こういうの?

加藤浩次いや〜、良いですけど値段が高すぎですよね。こういうのって使っていくうちに味が出てくるんですよ。

そこがいいのよ〜!

進藤晶子そのあたりのコトをね、今日は社長さんがお越し下さっているということなので。関文彦社長です。
加藤浩次よろしくお願いします。
若槻千夏ルパンみたいですね。
関社長ユニフォームですから、これが。笑
進藤晶子海外の方はどういう所に魅力を感じてお買い求めなるんですか?
関社長やっぱりヨーロッパにない、このケヤキというモノは無いんですね。
加藤浩次無い木なんだ〜。
関社長この木目!滅多にこういう木目は出ないんです。
加藤浩次凄いもんね〜。

関社長私たちが商売やっていて、本当は売りたくないんです。もう一丁仕入れて来いと言っても、まず手に入りませんから。
加藤浩次この木目は出ないんだ!
関社長なかなか出ません。

加藤浩次これ安くしてくださいよ!社長〜。

2,100万円引きでお願いしますよ〜。

加藤浩次森永さん、イイですね〜。
森永卓郎ヨーロッパっていうのは筋金入りの富裕層っていうのがいるんですね。
関社長さすがは森永先生。
森永卓郎良いものを買って長ーく使う。日本の庶民は安物買いの銭失いになります。
加藤浩次社長のご自宅はやっぱり食卓テーブルはこういうので?
関社長うちはベニヤ板ですよ。
加藤浩次なんでですか?社長なのに?

関社長商売!商売!。笑。

良いモノはお客様に!

加藤浩次なるほど!
関社長ぜひ一枚どうですか?
加藤浩次だから、2,100万引きにしてもらえば。

スタジオ、爆笑


取材頂きましてありがとうございます。

logo_mokuba logo_seki