時間の経過と共に味わいが増していく表情も愉しめる、アサダ一枚板

別荘で使うテーブル用の一枚板を探しに来店され、長さがあり奥行きが広すぎないものというご希望から、それに近かったアサダを提案、購入頂きました。アサダは北海道に生育する木で赤みを帯びた褐色の木肌と自然な光沢が特長です。チェリー同様、経年変化によって色合いが深まっていきます。お部屋にも自然に溶け込み、優しく落ち着いた雰囲気の空間となりお客様にも大変喜んでいただきました。年々深みを増していくアサダの表情も愉しみつつお使いいただければ幸いです。

お客様の声

別荘用の一枚板を探しに行き、そこでアサダを提案してもらいました。経年変化を楽しむことができるとのことで、今後変わっていく表情も楽しみです。部屋にとてもマッチしていて良かったです。

  • 納品日2014年4月
  • 納品先熊本県 個人住宅
  • シーンダイニング
  • 樹種アサダ
  • サイズ

    W2500×D650×T45


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki