Kusu

樟脳の香りが特徴的で、葉が防虫剤や鎮痛剤に使われることから、「薬の木」が語源であるという説もあります。玉杢や葡萄杢などの美しい木目が現れることもあります。

学名 Cinnamomum camphora
科目 クスノキ科、広葉樹
産地 本州中部~九州、台湾、中国、インドシナ
性質 やや軽軟 気乾比重 0.41~0.69
用途 寺社建築、楽器、箱、彫刻、旋作、木魚

関連アイテム

logo_mokuba logo_seki