東京から宮古島へ、一緒に引越してきました。(沖縄県・NAKA様)

一枚板テーブルにまつわるエピソード

初めて一枚板に出会ったのは、新宿のショールーム。一枚板の存在感と魅力に一目惚れして、五反田、青山のショールームにも足を運びました。
短期間で多くの一枚板を見て回ったので、樹種にも詳しくなったほどです。笑
実は数年後、数十年後に購入できればと思っていたのですが、このトチが気に入ってしまい、どうしても忘れられず、あきれる嫁を説得して購入に至りました。

購入後、東京から沖縄の宮古島に引っ越しをしましたが、厳重に梱包して持ってきた次第です。毎日、このテーブルで食事をし、お酒を飲み、夫婦で語る大切な場所となっています。今では我が家の家宝。これからも大切に使わせていただきます。


職人へのメッセージ

我が家に来てくれた人は全員、まず最初にこのテーブルに目が行くみたいです。「すごい!」「立派!」「重厚感がある!」「存在感が違う」たくさんの褒め言葉をいただいています。
私自身、この一枚板は「光っている」と思うくらい特別な一枚。本当に気に入っています。

購入後、福岡の工場も見学させていただきました。樹木を仕入れてから、何年もかけて多くの工程を経て仕上げる、木馬さんのこだわりに非常に感動しました。職人さんお一人お一人がこだわりを持って、作業されていた姿が今も忘れられません。

多くの方に、この「本物の一枚板」を知って欲しいと思っています。今後とも、どうぞ素晴らしい一枚板を作り続けていただけたら幸いです。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。


ギャラリーより

ご投稿いただき、ありがとうございます!
私もNAKA様がこの栃の一枚に出逢われたことを今でも覚えております。大変大切にご使用いただき嬉しく思います。また木馬にもご興味をいただき、
工場なども見学され、感動いただき光栄でございます。これからも末永くご愛用いただき、ご家族の団欒をお楽しみいただければ幸いです。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki