四六時中離れられない(神奈川県・tk1084様)

一枚板テーブルにまつわるエピソード

一枚板という響きに何処となく昔から憧れがありました。この度、新築引っ越しの機会を得てダイニングテーブルを探しておりました。心のどこかで一枚板を気にはしていても、やはり高級なイメージがあり何かと物入りな引っ越しという状況下では前向きになれませんでした。そんな私の思いを察してか妻がアトリエ木馬さんを見つけてくれました。私のタイミングが合わず、最初は妻だけでギャラリーに出向き色々と話を聞いてくれました。担当者さんの熱心かつ丁寧な案内を受け、妻も一枚板に魅了されたようです。その報告を聞きそれまで及び腰だった私もぜひ行ってみようと新宿ギャラリーへ・・・やはり実物は素晴らしい。そして縮杢、玉杢などあったらいいなと思っていた模様が網羅された上に見事な耳付きのウォールナットの一枚板を見つけました。理想の一枚、即断即決。そこからは購入まで一本道・・・。
今では朝晩はもちろんのこと、テレワークの際の日中も一枚板に付きっ切りです。テレワークスペースを別に確保したのに。。毎日、気がつくと一枚板を撫でてます。
あまりの満足度の高さに他にも取り入れようと思い、一枚板の表札も購入させて頂きました。ダイニングテーブルと表札が新築の家よりも我が家の主役になっております。


職人へのメッセージ

一枚板は素材ばかりが注目されてしまいがちな商品だとつい思ってしまいます。しかし、人を魅了する一枚板が世に出る背景には、材料発掘・調達、板の加工、商品の販売など多くの一枚板プロが関わっていることと考えます。私が今回大満足の一枚板を手にする事が出来たのも数多くの一枚板プロたちのご尽力があったからと思います。本当にありがとうございました。大事に末長く使っていきます。


ギャラリーより

この度は、弊社一枚板をお選びくださいまして、誠に有り難うございます。
お選びいただきましたウォールナットは、木目や色味、サイズなど総合的に見て、とても美しい一枚で、新宿ギャラリーの自慢の一枚でした。
色々な事情が重なり、御来店いただけない期間がありましたが、御客様がこの一枚と出会うためだったのだと確信しております。^^
一点物の一枚板は出会いがとても大切ですが、そういう意味で、今回は本当に運命的でした。^^
お使いいただくごとに愛着も強くなっていくと思いますので、今後とも末永く御使いいただけますと幸いでございます。


CONTENTS

BLOG

EVENT

納品事例

FACTORY MOKUBA

logo_mokuba logo_seki