int(2)

更新日:2023.12.04

憧れの一枚板ダイニングテーブルに合う住まいとは?探し方のコツを徹底解説

憧れの一枚板ダイニングテーブルに合う住まいとは?探し方のコツを徹底解説

一枚板ダイニングテーブルとは、大木から切り出した一枚の板で作られたテーブルのことです。天然木を使うため、二つとして同じ木目のものはなく、自然が生み出した美しさを感じられるでしょう。

この記事では、一枚板ダイニングテーブルが合う住まいや、探し方のコツなどを解説します。

一枚板ダイニングテーブルに合う住まいとは?

一枚板ダイニングテーブルに憧れはあるものの、床や壁の他、インテリアとのコーディネートが難しいのではと思う方もいるのではないでしょうか。まずは一枚板ダイニングテーブルに合う住まいを確認しておきましょう。

 

シンプルダイニングのアクセントに。

一枚板ダイニングテーブルは、それぞれ木目が違ったり特徴的な曲線を描いていたりと個性的で、どれも世界に一つしかありません。存在感があるため、ダイニングのアクセントになるでしょう。機能的でシンプルなダイニングに設置することで、テーブルの個性も引き立ちます。

また一枚板ダイニングテーブルは自然素材のため、木の自然な色合いがどのような室内にもなじみやすいです。個性を出しつつ、部屋の中で浮いてしまう心配は少ないでしょう。

 

床色のコーディネートを楽しもう

一枚板ダイニングテーブルは、床色がライトカラーでもダークカラーでもしっくりきます。

例えば床の色と一枚板ダイニングテーブルの色を同系色にすると全体がまとまった印象になるため、室内が広く感じられる効果が期待できます。反対に床とは異なる色のテーブルをコーディネートすると、テーブルが引き立ち、存在感も高まるでしょう。

一枚板ダイニングテーブルの色は、明るく薄い色になるほどカジュアルな雰囲気に、濃い色になるほど高級感のある雰囲気になります。住まいをどのような空間にしたいのかも考慮しつつ、床色とコーディネートするのがおすすめです。

 

カーペット敷きでもマッチ

一枚板ダイニングテーブルは、一見コーディネートが難しそうなカーペット敷きの部屋にもマッチします。特にチェック柄のラグやペルシャ絨毯など、個性的でどのようなテーブルを合わせればいいのか悩む可能性のあるインテリアとも相性が良いです。

個性的な一枚板ダイニングテーブルならインパクトの強い柄に負けない一方、ナチュラルな風合いでごちゃごちゃした印象になりません。またシンプルなカーペットの場合は、個性的なテーブルの存在感が際立つでしょう。

一枚板ダイニングテーブルを変えなくてもカーペットを変えるだけで印象が様変わりするので、季節ごとにカーペットを変えて変化を楽しむことも可能です。

 

クールな内装に温かみをプラス

コンクリート打ちっぱなしの部屋はクールでおしゃれなイメージですが、設置する家具によっては冷たい印象になってしまいます。ところがそこへ一枚板ダイニングテーブルを投入するの、木の温かみがプラスされて絶妙なバランスの空間を演出できるでしょう。

コンクリートと一枚板は異素材ですが、格調高いダークカラーの一枚板ダイニングテーブルならクールなインテリアにマッチします。また明るいナチュラルカラーのものはコンクリートとのコントラストで部屋の印象を明るくしてくれます。

統一感を出すために、その他の家具を一枚板ダイニングテーブルと同系色でコーディネートしても良いでしょう。観葉植物を設置すれば室内に彩りが生まれます。他にはドライフラワーを設置しても、落ち着いた印象を演出できるでしょう。

 

和室にもぴったり。自然素材は相性◎

一枚板ダイニングテーブルは、い草で作られた畳の和室にもぴったりです。い草も一枚板も自然素材なので、相性抜群といえます。畳や柱と色のトーンを合わせると統一感が生まれ、まとまりのある印象になるでしょう。

一枚板ダイニングテーブルは、新築の和室だけでなく、長年生活している和室に設置しても違和感がありません。置き畳を敷いたフローリングの部屋に座卓として取り入れても映えるでしょう。

部屋に合った一枚板ダイニングテーブルを見つけるために

一枚板ダイニングテーブルは、幅広いテイストの空間にマッチします。ここからは、よりお部屋に合ったテーブルを見つけるためのコツを解説します。

 

部屋や家具のサイズを把握しておく

一枚板ダイニングテーブルを探す前に、まずは部屋の大きさと設置してある家具のサイズを把握しておきましょう。部屋の大きさや空いているスペースに対してテーブルが大きすぎると、移動しづらくなってしまい、快適に生活できません。

特に一枚板ダイニングテーブルを展示販売している店舗が広い場合「買う時は小さく見えたはずなのに、部屋に設置してみたら大きすぎた」というケースもあり得ます。感覚だけでなく、具体的な寸法を把握してサイズを決めることが大切です。

また家族の人数や用途なども考慮しながら選びましょう。

 

部屋の写真を見せて販売員に相談するのも有効

一枚板ダイニングテーブルは個性豊かな一点ものなので、選択肢が増えれば増えるほど迷ってしまうかもしれません。自分で選ぶのが難しい場合は、プロである販売員に相談するのもおすすめです。

相談の際はあらかじめ部屋の写真を撮っておき、予算やイメージを伝えるとともに販売員に見せると効率的です。写真があることで販売員が具体的な雰囲気をイメージできるため、的確なアドバイスを受けやすくなると期待できます。家の図面がある場合は、それも一緒に見てもらうと良いでしょう。

一枚板ダイニングテーブルは部屋の印象を決める

一枚板ダイニングテーブルは、幅広いテイストの空間にマッチします。また個性的で存在感があるため、部屋の印象を決めるポイントにもなります。選ぶ際は、部屋の床や壁、インテリアの色合いや雰囲気に合わせるのはもちろん、部屋の広さとマッチする生活しやすいサイズを探すことが大切です。

アトリエ木馬では、全国11店舗の直営店とオンラインショップにて、多数の一枚板ダイニングテーブルを取り扱っています。さまざまな素材や色味、サイズがそろっているので、きっとぴったりなテーブルが見つかるはずです。オーダー家具のご相談もお受けしているので、ぜひ​お​気軽にお問い合わせください。

 

アトリエ木馬はこちら

 

関連記事

大川組子雑貨で暮らしを彩る

大川組子雑貨で暮らしを彩る

成長の願いをケヤキに込めて。「木の鯉のぼり」ができました。

成長の願いをケヤキに込めて。「木の鯉のぼり」ができました。

当店の『屋久杉』を一挙ご紹介!【アトリエ木馬名古屋ギャラリー】

当店の『屋久杉』を一挙ご紹介!【アトリエ木馬名古屋ギャラリー】

ギフトにおすすめ!アトリエ木馬の雑貨5選

ギフトにおすすめ!アトリエ木馬の雑貨5選

アトリエ木馬の法人案件のご紹介

アトリエ木馬の法人案件のご紹介

一枚板・ハギ板・集成材の違いについて解説

一枚板・ハギ板・集成材の違いについて解説

来店予約はこちら
イベント/フェア