int(2)

当店の『屋久杉』を一挙ご紹介!【アトリエ木馬名古屋ギャラリー】

当店の『屋久杉』を一挙ご紹介!【アトリエ木馬名古屋ギャラリー】

皆様、こんにちは!アトリエ木馬名古屋ギャラリーです!

この度、アトリエ木馬名古屋ギャラリーは、ラシックに移転後、1周年を迎えることができました。

皆さまにご愛顧いただき、この場を借りて感謝申し上げます。

今後も素敵な一枚板との出会いのサポートに努めて参りますので、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

さて、今回は、今後も末永く皆様と在り続けたいという思いにちなんで、長寿の『屋久杉』についてご紹介したいと思います。

是非、最後までご覧ください。

この記事でわかること

  • 屋久杉と呼ばれる条件とは
  • 一枚板としての屋久杉の魅力
  • 名古屋ギャラリーの屋久杉一枚板

言わずと知れた‘‘最高級木材‘‘

ご存じの方も多いと思いますが、改めて『屋久杉』について軽くご説明すると、屋久杉は世界遺産、「屋久島」に自生する‘‘樹齢1000年以上の杉の木‘‘になります。

この、‘‘樹齢1000年以上‘‘というところがポイントで、屋久島に生えているからといって、全部が屋久杉と言えるわけではないんですね。

現在では、伐採が禁止されており、その希少性から、言わずと知れた‘‘最高級の木材‘‘でもあります。

『屋久杉』については、詳しく、こちらの記事でもご紹介しておりますので、是非合わせて、下記リンクよりご参照ください。

そんな希少な「屋久杉」を、当店、名古屋ギャラリーでは数点取り扱っております。

今回はそれらを一挙にご紹介したいと思います。

ダイニングテーブルとして設置した姿の屋久杉の美しさにも是非、注目して見ていただければと思います。

‘‘1000年以上生きた証‘‘

まずは、こちらの一枚。

屋久杉ならではの深い褐色の色味と、見ていると引き込まれるような、独特で繊細かつ、非常に緻密な杢目をしております。

まさに、この緻密な杢目が‘‘1000年以上生きた証‘‘でもあります。

ダイニングテーブルとしての姿はいかがでしょう。

照明に当たると、屋久杉が持つ、色味や杢目がはっきり見えて、その神々しさを存分に感じていただけると思います。

やはり、他の一枚板とは別格な雰囲気があります。

こちらの一枚板の詳細は、下記、商品ページリンクよりご参照ください。

‘‘人を魅了する一枚板‘‘

続いてはこちらの一枚。

先程の一枚板より、さらに深い褐色の色味で、重厚感や、どっしりとした風格があります。

一部、穴が空いている箇所は、レジンを埋めて仕上げております。

このレジンとのコントラストが、より、自然の神秘的なオーラを感じさせてくれます。

店頭でも展示していると、その美しさやオーラに惹かれて、思わず立ち止まり、じっくりと見られる方が多くいらっしゃいます。

そんな、‘‘人を魅了する一枚板‘‘です。

こちらの一枚板の詳細は、下記商品ページリンクよりご参照ください。

多種多様な『屋久杉』

さらに、当店では、幅、厚みなど様々なサイズの屋久杉を豊富に取り揃えております。

【画像左】
屋久杉 幅180 × 奥行64~84 × 厚み4(cm)

【画像右】
屋久杉 幅200.5 × 奥行105 × 厚み3.9(cm)

一口に「屋久杉」と言っても色味や形、杢目は様々です。

その個体差が顕著に現れるのも屋久杉の特徴でもあり、一枚板としての魅力です。

人工的にコントロールされて作られたものではなく、長い年月をかけ自然に形成されたものだからこそ、想像を超える美しさがあるのです。

最後に

今回は、スペシャルな一枚板『屋久杉』のご紹介でした。

1周年を迎えた名古屋ギャラリーも、屋久杉の様に、末永く、皆様にとって‘‘特別‘‘な場所で在り続けたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後も沢山のご来店お待ちしております!

 

関連記事

当店の『屋久杉』を一挙ご紹介!【アトリエ木馬名古屋ギャラリー】

当店の『屋久杉』を一挙ご紹介!【アトリエ木馬名古屋ギャラリー】

ギフトにおすすめ!アトリエ木馬の雑貨5選

ギフトにおすすめ!アトリエ木馬の雑貨5選

アトリエ木馬の法人案件のご紹介

アトリエ木馬の法人案件のご紹介

一枚板・ハギ板・集成材の違いについて解説

一枚板・ハギ板・集成材の違いについて解説

色や杢目だけじゃない、一枚板の “耳” についてご紹介!

色や杢目だけじゃない、一枚板の “耳” についてご紹介!

ダイニングテーブルは四角か、丸か?

ダイニングテーブルは四角か、丸か?

来店予約はこちら
イベント/フェア