新しいデザイン発見

新しいデザイン発見

こんにちは!アトリエ木馬大川ギャラリーです!!

福岡は梅雨入りしたものの、本日は青空が広がっており、

とても気持ちいい時間が流れております。

 

そんな今日は一枚板本来の形を活かしてご使用頂くためのご提案をさせて頂きます。

 

私たちアトリエ木馬で取り扱う一枚板の中には写真のミズメのように

穴がすっぽりあいたものがございます。

私たちは丸太で仕入れを行っているため

中がどのような模様なのか、実際に切ってみないと分かりません。

なのでこのような穴があるものも、なかには出てくるのです。

ウォールナットではここにクルミが入ったまま出てくるものもございます。

リスの仕業だそうですよ。なんだか愛らしくなりますよね(^^)

 

だからといってこのままだと使いにくい・・・。

皆様もそう思われたことと思います。

ただここを埋め込んでしまうと見た目もかなり変わってしまうため

もったいない気も致します。

 

そこで私たちは、ここの穴だけにガラスをはめ込んであげるという加工を致します!

穴より少し大きめにガラスを作成し、そのガラスにあわせて一枚板に彫り込みをいれます。

上の写真はIDEAシリーズの画像ではありますが、イメージとしては

2~3mmの彫り込みを入れてあげます。

すると使いにくかった一枚板を全面使ってあげることができ、

またその一枚板をより一層良くしてくれるポイントとなります。

どこに座るかで喧嘩になることもありませんね(^^)

 

一見デメリットにもなる穴は、素敵なデザインに生まれ変わります。

皆様もぜひ、穴のある一枚板と注目して見て上げてください(^^)

関連記事

一枚板とクリスマス

一枚板とクリスマス

一枚板納品事例【福岡県柳川市 うなぎの原田様】

一枚板納品事例【福岡県柳川市 うなぎの原田様】

模様替え

模様替え

関家具大川本店 ペルシャコレクション展

関家具大川本店 ペルシャコレクション展

魅せ方、見せ方

魅せ方、見せ方

1億1千5百万

1億1千5百万