暮らしの中に一枚板を

暮らしの中に一枚板を

皆様こんにちは。

アトリエ木馬梅田ギャラリーです。

先日、全農のホームページにて紹介された「梨の切りかた」が話題になりました。

とてもラクでオシャレな感じに仕上がる切りかたでしたが、この方法の最も重要なところは「残った部分はつまみ食いする」という点だと思います。物事には、こういう遊び心が大切です。

さて、今回ご紹介するのは「山梨」のテーブルです。

山梨の木は、さきほど触れました私たちが街で購入する梨の実の原種にあたる木です。

あまり大きくなることがないのか、木材として流通することは少なく、その中でも一枚板級の大きさのものは稀です。

その希少な山梨の木と透明の樹脂を組み合わせ、見事なテーブルとして仕上げました。

長さは2500mm、幅はおよそ900mmありますので、6名様でご使用いただいても各々ゆったりとしたスペースを確保することができます。

また、杢目も国産材特有の捻じれや瘤が多く、それらをどの席からも楽しめます。

気になる仕上げは、天然成分由来のオイルを使用しています。木に浸透することで表面を保護しますので、汚れなどには少し注意が必要ですが、お客様ご自身でメンテナンスすることができます。テーブルのために空いた時間を作って、オイルを塗りこむ暮らしも悪くない習慣となるでしょう。

冒頭でご紹介いたしました梨の切りかたですが、画像を転載することはできませんので、もしご興味がありましたら「全農」「梨」「切り方」で検索してみてください。

いえ、ウチはずっとこう切ってましたけど?という方がいらっしゃいましたら、すみません。

以上アトリエ木馬梅田ギャラリーでした。

関連記事

暮らしの中に一枚板を

暮らしの中に一枚板を

サマーフェア

サマーフェア

営業再開のお知らせ

営業再開のお知らせ

テーブルコーディネート

テーブルコーディネート

一枚板大量入荷

一枚板大量入荷

江戸時代の樹

江戸時代の樹