馴染み深い日本の木

馴染み深い日本の木

皆様こんにちは。
アウトレット吉祥寺ギャラリーです。
季節はもうすっかり秋ですね。
緊急事態宣言も解除され、徐々に元の生活に戻りつつある今日この頃、皆様どうお過ごしでしょうか?

アトリエ木馬では、100種類以上の一枚板テーブルを展示しております。
その中でも、私たちに馴染み深い日本の木の一枚板をご紹介したいと思います。

トチの一枚板

トチはねじりながら成長するため、独特な光沢感のある杢目が特徴です。
杢目が川の流れのように緩やかで、見る角度によって表情が変わるのが魅力です。

吉祥寺店にお越しのお客様にもよく注目を浴びる樹種です。
昨今非常に人気が上がってきている樹種で、私も店舗でテーブルにセットした際の高級感・存在感にいつも圧倒されています!

クスの一枚板

ジブリ映画の代表作「となりのトトロ」の作中に出てくる大木で有名なクスの木。

全国巨木ランキングトップ10のうち、9本がクスと言われるくらい大きく成長する木です。

また、クスは「薬の木」とも呼ばれ、薬の原料となる樟脳が採取できます。
クスの一枚板は細かいストライプのような木目があり、どんなお部屋にもマッチしやすい樹種ですね。

ミズメザクラの一枚板

こちらは「桜」と名がついておりますが、白樺の仲間の木になります。
虎斑という川の水面のようなきれいな杢が出る木です。

吉祥寺店にあるミズメザクラは耳部分の形も緩やかで、見ると穏やかな気分になれます。

本日は三種類紹介いたしましたが、すべてアウトレット吉祥寺店にてご覧いただけます。

国産の木はどの一枚板も流れるような木目があり、木目を見て楽しむことができる木が多いように感じます。
これから過ごしやすい秋の時期、季節を楽しんでいきたいですね。

関連記事

12/4-26 展示品大処分祭 吉祥寺・横浜店同時開催

12/4-26 展示品大処分祭 吉祥寺・横浜店同時開催

デンマーク人と家具の関係

デンマーク人と家具の関係

馴染み深い日本の木

馴染み深い日本の木

年に一度の大処分セール開催中です。

年に一度の大処分セール開催中です。

一枚板との暮らし

一枚板との暮らし

日本の木について②

日本の木について②