int(2)

更新日:2024.06.03

無垢材とは?おすすめの家具の種類やメリットをご紹介

無垢材とは?おすすめの家具の種類やメリットをご紹介

無垢材とは、天然の木から1枚の板を切り出した資材のことです。

無垢材の用途はフローリング住宅の内装材など多岐にわたりますが、家具の材料として使用される場合が多く独特の質感や機能性から高い人気を誇ります。

本記事では無垢材の家具を使うメリットや、おすすめの家具の種類などをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 無垢材とは?
  • 無垢材の家具を使用するメリット
  • 無垢材を使用したい家具について

無垢材とは?特徴や種類を解説

  • 製材前のトチ原木

無垢材とは木材の一種であり、天然木を切り出して1枚の板へと加工した資材を指します。

製材・乾燥などのいくつかの工程を経ますが、木目や色味に加えて節・外皮を巻き込んだ入り皮など、天然木そのままの見た目を保持しているのも特徴です。

そのため無垢材の硬さや木目などは使用する樹種や産地、芯材や辺材の部分といった要素でバラつきがあり、見た目や品質も一定ではありません。

素材をそのまま使用する関係上、接着剤に代表される化学製品が含まれておらず、身体に害のない資材を選ぶ必要があります。

また一枚板と無垢材の違いについて下記で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

家具を無垢材にするメリット

  • トチ杢目

家具を無垢材にするとさまざまなメリットが得られます。

ここからは無垢材を使った具体的なメリットや、それぞれの詳細について分かりやすく解説します。

 

温かみのある雰囲気になる

無垢材は天然の木材をそのまま使っているため、見た目が自然で温かみのある明るい雰囲気を演出できます。

また、本物の木の質感を感じ取れるので、その場にいるだけでリラックスできる効果が期待できます。

さらに無垢材は鉄や石といった素材に比べて熱伝導率が低く、断熱性があるというのも特徴です。

外部の温度に影響されにくく、触れた際に冬は冷たくなりづらく、夏は熱くなりづらいです。金属製の家具と比べると、季節を通して使いやすいでしょう。

 

使っているうちに味が出てくる

家具は使っていると経年劣化によって剥げてきたり角が削れたりと見た目が悪くなってしまうことが多いのですが、無垢材の場合は味わいが出て見た目の変化を楽しめるため、経年”劣化”というマイナスな呼び方ではなく経年”変化”と呼ぶことが多いです。

例えば、日焼けによって色味が変わり、油分が多い樹種は時間の経過と共に飴色になります。

無垢材は長い時間一緒に過ごせるので、徐々に愛着が湧いていく資材と言ってもよいでしょう。

 

耐久性が高く丈夫

家具を無垢材にするメリットの一つが、一生使えるとまでいわれるほど耐久性が高く丈夫な点でしょう。

厚い木材自体が頑丈であるのに加えて、単一の素材でできているため、一部だけ早く劣化することがないからです。ただし無茶な使い方は厳禁であり、正しく定期的なメンテナンスも必要です。

極度に乾燥した環境だと割れてしまったり、表面の塗装などを怠ると傷が目立ったりしてしまうこともあるので注意しましょう。

無垢材のおすすめ家具をご紹介

  • ウォールナット一枚板テーブルセット

無垢材の家具は、特徴がそれぞれ異なります。多岐に渡る家具の中でも、特におすすめしたい無垢材の家具は以下の通りです。

 

テーブル・チェア

自然な見た目で明るく柔らかな雰囲気をもたらす無垢材の家具は、くつろいだ時間を過ごすことの多いリビングに取り入れるのがおすすめです。

特にテーブルやチェアなど、使用頻度が高く手で触れる機会の多い家具を無垢材にすると、目に入ったり手に触れたりする機会が多く、リラックス効果が期待できます。

 

収納家具

無垢材には状況に応じて水分の蓄積や放出を行う機能があり、室内の湿度を調整するのに役立ちます。

そのため無垢材の収納家具は、衣類や食材など湿気の影響を受けて劣化しやすい物を保管するのに適しています。

また無垢材には静電気が発生しにくいという特長もあり、ホコリのため込みや帯電が気になる衣類とは特に相性がよいです。

 

ベッド・ソファ

無垢材の中でも広葉樹から作られた家具は、強度が高くて傷が付きにくく、揺れに対しても強いという特長を持っています。

そのため身体を預けて体重をかけるような家具にぴったりです。さらには、光の反射具合や色合いなどから目に優しく、軋み音なども発生しにくいという特長があります。

これらの理由から、無垢材はゆっくり過ごせるベッドやソファに使われることが多いです。

アトリエ木馬の家具は無垢材の家具が豊富

『アトリエ木馬』は全国11店舗の直営店とオンラインストアを運営している無垢一枚板家具専門店です。

製造から販売までを一貫して行っており、テーブルやベンチ、テレビボードなどを筆頭にさまざまな家具を販売しています。

熟練の職人の手による加工にこだわり、高い品質を誇るアイテムがそろっています。

特に一枚板を使用したテーブルのラインナップが豊富で、ダイニングテーブルやレジンダイニングテーブル、ローテーブルやカウンターなど種類も多様です。

またオンラインストアでは 1,000 枚以上の一枚板テーブルや、レジンテーブルの取り扱いがある他、オーダーメイドでの家具制作も受け付けています。

 

まとめ

無垢材は見た目や機能など複数の面から見ても優秀な素材であり、家具に使用することで多様なメリットを得られる他、適切な環境での使用や定期的なメンテナンスによって「一生物」とまで呼ばれるほど長く使えます。

アトリエ木馬では高度な技術を持った職人たちによる製造から販売までを一貫して行うことで、高品質な製品をご提供しています。

「一枚板を使用した家具が欲しい」「自分の理想に合った家具をオーダーメイドしたい」という方は、ぜひアトリエ木馬の店舗やオンラインストアを覗いてみてください。

 

店舗一覧はこちら

オンラインストアはこちら

関連記事

環孔材 散孔材 トップ

環孔材と散孔材はどう違う? それぞれの特徴や代表的な樹種とおすすめの一枚板テーブルをご紹介

タモ ホワイトアッシュ 違い

タモとホワイトアッシュはどう違う? それぞれの魅力や相性の良いインテリアを解説

ゼブラウッドの一枚板テーブル

一枚板テーブルを購入する際の注意点は?専門店が教える後悔しないためのポイント

一枚板テーブルのワークデスクの使い勝手は? 一枚板家具専門店がメリット・デメリットを紹介

一枚板テーブルのワークデスクの使い勝手は? 一枚板家具専門店がメリット・デメリットを紹介

一枚板試着のすすめ

一枚板試着のすすめ

一枚板を購入するなら家具店か材木店どっち?それぞれの特徴とメリット・デメリットを紹介

一枚板を購入するなら家具店か材木店どっち?それぞれの特徴とメリット・デメリットを紹介

来店予約はこちら
イベント/フェア