int(2)

更新日:2024.01.23

一枚板の価値の基準

一枚板の価値の基準

皆様こんにちは!アトリエ木馬です。

さて今回は、「価値が高いとされる一枚板」のお話をしていこうかと思います。価値を決める要因も様々ありますので、項目に分けて紹介していきたいと思います。

樹種の希少性

まず、樹種によって希少性が変わってきます。一番わかりやすい樹が「屋久杉」です。

屋久杉は、日本のみに自生しており、日本の屋久島で自生していた杉の樹で、樹齢が1000年を超えるもののことを指します。

また、屋久杉は1993年に屋久島が世界遺産に認定されたことで伐採が全面禁止になりました。その後、自然災害による倒木のみ競りにかけられていたのですが、2019年には競りも禁止されるようになりました。

このように様々な要因によって、樹の希少性が生まれるのです。

 

屋久杉については過去のブログにも取り上げています↓

テーブルの奥行

テーブルのサイズを決定する際に、奥行を重視される方が多いのではないでしょうか。一般的に奥行き850㎜~900㎜程度がダイニングテーブルとして使用していただく際に、ゆとりを持って使用していただけるサイズになっております。
樹種によって成長スピードに差はあるのですが、基本的に奥行の広さ=樹齢の高さなので、樹種にもよりますが奥行が広い一枚板程樹齢が高いということになります。ウォールナットのように成長が遅い樹であれば、それだけ一枚板テーブルとして使える材が多く取れないので、価格が相場より高めに設定されることが多いです。

杢目の希少性

杢目(もくめ)とは、柾目でも板目でもない複雑な木の模様のことをいいます。
杢目は樹の育った環境などによって変わります。杢目の模様は傷や気象などが影響して年輪が変化することで発生します。

また、同じ樹種でも木取りをする位置の関係で異なる杢目が現れます。杢目の種類は数十種類にも及びますが、その中でも、玉杢(たまもく)や瘤杢(こぶもく)といった杢目は、装飾的な価値が高いです。

一枚板の耳

一枚板の「耳」と呼ばれる箇所は、丸太の一番外側の樹皮がついていた部分を指します。「白太」と呼ばれる樹皮に近い部分は新しい繊維が生まれる場所のため、虫に食べられやすかったり、木材を乾燥させる過程で脆くなりやすい部分なので、切り落とす場合があります。

これらの事から、耳が綺麗に残ってる一枚板テーブルは一般的に価値が高いとされています。

まとめ

一枚板の価値を高めるとされる4つのポイントを紹介させていただきました。これらの事を踏まえて一枚板を見てみると、より一層一枚板選びを楽しめると思います。ぜひ一度、最寄りのアトリエ木馬ギャラリーに足をお運びくださいませ♪

 

関連記事

ギフトにおすすめ!アトリエ木馬の雑貨5選

ギフトにおすすめ!アトリエ木馬の雑貨5選

アトリエ木馬の法人案件のご紹介

アトリエ木馬の法人案件のご紹介

一枚板・ハギ板・集成材の違いについて解説

一枚板・ハギ板・集成材の違いについて解説

ダイニングテーブルは四角か、丸か?

ダイニングテーブルは四角か、丸か?

一枚板の価値の基準

一枚板の価値の基準

一枚板テーブルの仕上げに塗るウレタン塗装とオイル塗装について解説

一枚板テーブルの仕上げに塗るウレタン塗装とオイル塗装について解説

来店予約はこちら
イベント/フェア